スポーツ

吉村陽楽の出身中学や身長は?相生学院サッカー部主将はインスタもカッコイイ!

2022年6月12日放送の『ミライ✩モンスター』で、相生学院高等学校サッカー部主将の吉村陽楽(よしむらひなた)さんが紹介されました。

吉村陽楽さんが通う兵庫県の相生学院高校は、通信制高校でスポーツに打ち込みたい人にとっては、充実したプログラムと高校卒業という両面でサポートがある特徴ある高校になります。

相生学院サッカー部も創部わずか3年ながら、第一期生をプロへ輩出するなど、その目覚ましい成長ぶりにも驚きなんです!

相生学院のサッカー部のこれまでの経緯も、紆余曲折で苦労が多かったと思います。

あっという間に兵庫県のサッカー強豪校になった、相生学院サッカー部のキャプテンを務める吉村陽楽さんは、いっぱいどんな人物なのでしょうか?

吉村陽楽選手の出身地や出身中学はどこなのかなど気になりますよね。

中学卒業後は一般的は進路とは違って、ちょっと変わった経歴?を辿っています。

吉村陽楽選手がサッカーにかける想いが伝わってきますよ。

そして、吉村陽楽選手のSNSを調査すると、インスタにカッコいいサッカーの画像がたくさんありましたので、それらもご紹介したいと思います!

今回は『吉村陽楽の出身中学や身長は?相生学院サッカー部主将はインスタもカッコイイ!』として、以下の事をまとめてみました。

この記事でわかること
  • 吉村陽楽の出身中学はどこ?
  • 吉村陽楽の出身地や身長などプロフィール
  • 吉村陽楽の通う兵庫県の相生学院とはどんな高校?
  • 吉村陽楽のサッカー経歴
  • 吉村陽楽のインスタグラムなどSNS

吉村陽楽の出身中学はどこ?

吉村陽楽(よしむらひなた)選手の出身中学は情報が出ていませんでしたが、東京都内で調布近郊の中学ではないかと思われます。

吉村陽楽の中学時代は無所属?

相生学院高校サッカー部のホームページには「東京都出身」とあり、出身チームが「無所属」と記載されています。

調べてみると、やはり中学年代はサッカーは無所属だったようです。

無所属ということは、中学の部活にも入らず、どこかのクラブチームにも入っていないということです。

中学時代に無所属とはあまり考えられないですよね。

というか、聞いたことがないです。

吉村陽楽は上船総監督が小5から指導していた!

現在は相生学院の総監督を務める上船利徳さんが、ご自身のYouTubeチャンネルで、高校1年生の時の吉村陽楽選手を「キックマスター講座」で紹介していました。

この中で、「中学は無所属だった」と話していることから、無所属の時期があったのだと思います。

そして、上船総監督は吉村陽楽選手を「小学5年生から指導している」とも話しています。

吉村陽楽の父親は獣医で実業家?

今からご紹介する吉村陽楽選手の父親だと思われる「吉村正剛」さんの動画の中で、こう話しています。

息子のひなたが小学5年生の時に、スペインに短期サッカー留学をし、そこで指導を学びにきていたコーチから、上船さんを紹介された。

息子が「ひなた」であること、上船さんを紹介してもらったこと、この動画が吉村正剛さんというお名前の方であることを、考えると、この方は

吉村陽楽選手の父親で間違いないのではないでしょうか。

吉村陽楽のサッカー歴

吉村陽楽選手のインスタプロフィール欄には『FCアビリスタ→ VERDY S.S.AJUNT→相生学院サッカー部』とあります。

『FCアビリスタ』埼玉県川口市を中心にキッズチーム(幼稚園児)からU-15(中学生)までの子供が活動するサッカーチームです。

『VERDY S.S.AJUNT(ヴェルディS.S.アジュント』は、Jリーグ東京ヴェルディの下部組織として東京都調布市を中心に活動している中学生年代のサッカーチームです。

 

ベルディの下部組織にも在籍していたことは、吉村陽楽選手のインスタにもあるので、一定期間はVERDY S.S.AJUNTでの在籍期間もあったということでしょうか。

このあたりの中学時代の所属チームに関しては、確定的は情報が探し当りませんでしたので、今後吉村陽楽選手が活躍してくると、新しい情報として出てくると思われますので、現在分かっている情報でお伝えしますね。

吉村陽楽プロフィールとSNS

名前:吉村陽楽(よしむらひなた)

生年月日:2004年か2005年1~3月

出身地:埼玉県

身長:170cm

体重:60kg

インスタ:@soccer.awajishima
@yoshimura_hinata

Twitter:@HinataYoshimur1

目標:プロになる!

身長は170cmと小柄ですが素晴らしい技術を持っています。

現在高校3年生ということで、身長に関してはこれ以上は伸びないのではないでしょうか。

小柄なサイドバック選手と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、長友佑都選手ではないでしょうか。

長友佑都選手は左のサイドバックですが、公式プロフィールは身長170cmとされています。

これに関しては、長友佑都選手本人が、「金スマ」に出演した際に、「170ない」と発言しています。笑

「170cm」とする場合の多くは、実際の身長は170cmに満たないことが多いのも事実です。

だからといって、吉村陽楽選手の身長が170cmないというわけではないのですが。

 

吉村陽楽選手のSNSは主にインスタで運用しているようで、Twitterはインスタへのリンクになってます。

6月12日放送のミライモンスターで紹介されると、相生学院の公式Twitterでも投稿されています♪

放送後の反響も大いにあったでしょうねー!!




吉村 陽楽(よしむら ひなた)高校は兵庫県の相生学院高等学校

吉村陽楽さんの通う高校は、兵庫県相生市にある相生学院高等学校の淡路島校で通信制の高校です

学校情報

住所:兵庫県淡路市北山2069

アクセス:高速「北淡」インターより車で15分、バス停『郡家』より徒歩20分

高校ホームページ:https://aigaku.gr.jp/about/feature.html

2019年に「プロサッカー選手の育成」を掲げるプロジェクトを発足しました。

2021年の第100回全国高校選手権兵庫県予選では、創部たった3年で決勝進出を果たすなど、素晴らしい成績を残しています。

惜しくも準優勝ということで、あとわずかで全国大会へ!というところまで成長しています。

強豪校がひしめく兵庫県で決勝まで進めるって、凄いですよね!

 

今年は一期生が卒業した年でもあり、早くもプロを3名も輩出しています。

・日髙光輝 ヴィッセル神戸(J1)

・福井悠人 カマタマーレ讃岐(J3)

・山崎遥稀 アレマニアアーヘン(ドイツブンデスリーガU-19)

 

無名だった選手が集まっていた創設時からたった3年で、4人に1人がトップリーグでプレーする選手を育てるって異例のことですよね!

 

相生学院は通信制高校の利点を活かして、勉強時間を短縮効率化しトレーニングしています。

相生学院は、目標に高校サッカー選手権『全国制覇』を掲げて、主に平日練習は、天然芝5面・人工芝1面・屋内人工芝1面と素晴らしく恵まれた環境でトレーニングしています。

これらの施設は、学校所有ではなくて、公共の設備を借りて練習しているそうです。

こんなサッカーに適した環境がある淡路島って、離島だからと侮れないですね!

そして更に、定期的に砂浜トレーニングをしたり、大学などとの練習試合をして技術を磨いています。

上船利徳総監督は、「個人として大学やプロで活躍できる選手を目指してきた」と話しています。

 

相生学院の日常の練習スケジュールはこんな感じになっています。

平日1時間半~2時間の全体練習

その後1時間の自主練習

夜間は約2時間の自主練習

選手の人数も強豪校に多い大所帯部員はいないので、しっかりと見てもらうことができ、ポジション別トレーニングをしながら、個人個人の必要なスキルを伸ばす事ができます。

 

相生学院の上船総監督はアーセナルや磐田、神戸、清水のGKコーチを歴任した指導者です。

そして、今年6月から指揮を執るジェリー・ペイトン監督と共に、選手権出場を目指しています。

那須大亮さんのYouTubeチャンネルでも、相生学院のことが紹介されています。

 

今年の選手権では、相生学院高の活躍にも注目したいですね!

吉村陽楽のサッカーと高校の転校

吉村陽楽選手のこれまでのサッカーの経歴や活躍をお伝えしますね。

ポジションはDFで『右サイドバック』です。

高校1年生の時から、JFLのクラブの練習に招待されるなど、素晴らしい実力の持ち主です。

吉村陽楽選手はサッカーの基本になる「止める・蹴る」の技術が非常に高く、2年生の時から試合でも活躍し、2021年の高校サッカー選手権大会兵庫県予選では、相生学院の準優勝に大きく貢献しました。

中学校を卒業後は、「淡路島学習センター」に進学しました。

淡路島学習センターは、「エリート人材育成 淡路島学習センター」という名称で、学校法人「神村学園」が展開する広域通信課程になります。

通称「神村学園淡路島」として当時も話題になりましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉村 陽楽(@yoshimura_hinata)がシェアした投稿

上船総監督は母校でもある神村学園と交渉し、

サポート校として登録を済ませて公式戦に出ていました。

ところが昨年の選手権予選直前に、兵庫県高体連から「サポート校では選手権には出場できません」と連絡を受けてしまいます。

そこで、上船総監督はかたっぱしから選手たちを受けれてくれる高校を探しました。

その熱意に賛同して受け入れてくれたのが、相生学院高校だったのです。

神村学園淡路島の選手たちは、この相生学院高校へ転校し、選手権にも出場できることになったのでした。

この件は当時のニュースでも話題になっていましたね。

私も、あの神村学園に分校(正式には分校ではないけど)があったのかと、驚いた記憶があります。

神村学園淡路島での環境は劣悪なものだったとの報道がありましたが、選手たちが転校した相生学院のサッカー環境は、寮や室内外の練習場なども、すばらしく整っています。

試合が人工芝の時は人工芝でトレーニング、 天然芝の時は天然芝・・と土のグラウンドなど、いろんな練習の選択肢が揃ってます。

サッカーに打ち込みたい!

プロになりたい!

・・と強い気持ちでここへ来た選手たちなんだと思うので、素晴らしい環境でサッカーに打ち込めて、色んな厳しい声もあったとは思いますが、ここで頑張って活躍してくれたら嬉しいですね。




まとめ

ここでは『吉村陽楽の出身中学や身長は?相生学院サッカー部主将はインスタもカッコイイ!』として、相生学院の吉村陽楽選手についてまとめてみました。

吉村陽楽選手の出身中学は分かりませんでしたが、中学年代は東京のクラブ所属ですので、都内の中学ではないでしょうか。

吉村陽楽選手は、『FCアビリスタ→ VERDY S.S.AJUNT→相生学院サッカー部』というクラブ歴になっています。

中学卒業後に兵庫県の淡路島へきて、神村学園と提携する淡路島学習センターに入学しました。

しかしサポート校であったために、高体連から「サポート校は選手権に出場できません」と言われ、相生学院が受け入れてくれたことで、サッカー部員たちは相生学院に転校して、無事に公式戦に出場できることになったのでした。

無名の選手たちが集まった相生学院の全国大会への出場が楽しみですよね!

今年の選手権は相生学院サッカー部の活躍にも大注目したいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。