スポーツ

豊田倫之亮の身長体重に中学は?相撲経歴と家族兄弟も調査!【ミラモン】


小学2年生で相撲の全国大会で優勝し、天才相撲少年と呼ばれてその名を広めた豊田倫之亮くんが話題です!

過去には「ミライモンスター(ミラモン)」でも取り上げられ、2022年5月28日放送の「バース・デイ」などでもその天才相撲少年ぶりが取り上げられています。

シングルマザーで育ててくれた母親への恩返しがしたいと、中学から生まれ育った徳之島を離れ千葉県に相撲留学しています。

目標は『最年少横綱』という豊田倫之亮くん。

豊田倫之亮くんのこれまでの相撲の経歴ってどんなだったのでしょうか。

更には、豊田倫之亮くんの家族のことも気になります。

 

そこで今回は『豊田倫之亮の身長体重に中学は?相撲経歴と家族兄弟も調査!』として、以下のことをまとめました。

この記事を読んでわかること
  • 豊田倫之亮(相撲)の身長体重などプロフィール
  • 豊田倫之亮(相撲)の出身地、出身小学校・中学
  • 豊田倫之亮の相撲経歴
  • 豊田倫之亮(相撲)の家族兄弟
松沼寛治(ラグビー)の出身中学高校に進路はどこ? ミラモンのプロフィール!ミライモンスターにも出演の注目のラグビー選手、松沼寛治君。 松沼寛治選手は2019年10月13日放送のフジテレビ系「ミライモンスタ...
坂本康成の身長や兄弟は?出身中学や高校と進路はどこ?2022年7月17日放送の「ミライモンスター(ミラモン)」で坂本康成さんが登場し注目されていますね! 坂本康成さんはバスケットボー...

豊田倫之亮(相撲)の身長体重プロフィール

豊田倫之亮(相撲)の身長体重

豊田倫之亮くんの現在は、身長168cm、体重110kgになっています。

小学校6年生の時は身長155cm、体重88kgだった豊田倫之亮くん。

現在は、中学2年生なので、2年ほどで身長13mは伸びて体重は22kg増と大きく成長しています。

徳之島から千葉県へ相撲留学している豊田倫之亮くんですが、寮に入ったあと1週間で何と5kg以上も増えたそうです!

成長期なので、身長もまだまだ伸びそうですよね。

 

豊田倫之亮(相撲)のプロフィール

 

名前:豊田倫之亮(とよだりんのすけ)

生年月日:2008年

年齢:14歳

出身地:鹿児島県徳之島

身長:168cm

体重:110kg

血液型:不明

2022年8月現在の情報です。

豊田倫之亮くんは、成長期真っ只中ですので、今後は身長も体重ももっと増えてくるのではないでしょうか。




豊田倫之亮(相撲)の小・中学校

豊田倫之亮くんは鹿児島県徳之島町立亀津小学校卒業で亀津中学へ入学しました。

中学校へ入学後は、千葉県へ相撲留学をしています。

豊田倫之亮(相撲)の出身小学校

豊田倫之亮くんの出身小学校は、鹿児島県徳之島町立亀津小学校です。

徳之島町立亀津小学校

住所:鹿児島県大島郡徳之島町亀津1039

Webサイト:http://www5.synapse.ne.jp/kametsusyo/

 

豊田倫之亮(相撲)の中学校

豊田倫之亮くんは徳之島町立亀津中学校へ入学し、現在は千葉県の柏市立柏第二中学校へ相撲留学しています。

千葉県柏市の名門クラブ・柏相撲少年団に入って寮生活を送っています。

動画が始まって1分すぎのところから、久しぶりに中学校へ訪問する豊田倫之亮くんと同級生たちが映っています。

 

 

鹿児島県の離島、徳之島は相撲の盛んな地域ですが、横綱になる!という強い気持ちのもと、中学校から親元離れて遠く千葉県で相撲の稽古に打ち込んでいます。

春休みで久しぶりに再会した母親の嬉しそうな姿も、とても印象的ですね。




豊田倫之亮の相撲経歴

豊田倫之亮くんの名前が全国に知れ渡ったのは、小学校2年生の時に全国大会で優勝したことがきっかけでした。

豊田倫之亮くんは強烈な張り手を武器にして、小学校2年生の時の「わんぱく相撲大会」で初優勝します。

その後、

5年生までに小学生が出場できる全国規模の大会で3回出場し全て優勝し3冠達成しています。

2019年8月:わんぱく相撲大会全国大会

2019年12月:全国小学生相撲優勝大会

2020年2月:白鵬杯~世界少年相撲大会~

更には、小学生時代の記録は白鵬杯優勝が3回、わんぱく相撲優勝1回、全日本小学生相撲大会優勝1回、と素晴らしい結果を残し、天才相撲少年と呼ばれるようになりました。

 

豊田倫之亮くんは、中学になると千葉県の柏相撲少年団に相撲留学します。

柏相撲少年団は永井明慶監督率いる千葉県の強豪相撲クラブです。

全国から相撲の強い子供たちが集まってきます。

入団してすぐに、少年団の中での総当たり戦がありました。

 

結果は12番勝負で7勝5敗で、少年団の中で6位となりました。

団体戦のレギュラーは5位までなので、その時は残念ながらレギュラーにはなれませんでした。

強豪クラブの洗礼を受けてしまいます。

中学生になり初めての全国大会は、全国都道府県中学生相撲選手権大会です。

豊田倫之亮くんは、団体戦を大将として出場しました。

予選を勝ち進み決勝戦に上がりますが、1回戦敗退となりました。

この時の個人戦も1回戦敗退でした。

その後の戦績をご覧ください。

 

2021年8月:全国中学生相撲選手権大会 団体戦全国3位

2022年4月:白鵬杯「世界少年相撲大会」 ベスト16

2022年7.8月:全国中学生相撲選手権大会 団体戦を大将として出場し優勝

まだまだ 豊田倫之亮くんの快進撃は続きそうですね!




豊田倫之亮(相撲)の家族兄弟

豊田倫之亮くんの家族は、母親とお兄さんがいます。

豊田倫之亮(相撲)の両親(母親)

豊田倫之亮くんの母親は住英(すみえ)さんというお名前です。

仕事は保険の外交員をしているとの情報もありますが、情報元が定かでありませんでした。

今ならお母さんを軽々持ち上げられるでしょうね♪

 

ミライモンスターでも豊田倫之亮くんが小さい頃から、母親と二人三脚で相撲に励んできたことが密着されています。

シングルマザーとして女手一つで子育てされてきました。

豊田倫之亮くんが幼い頃に両親は離婚したそうです。

強さの源は「母」にある。幼い時に両親は離婚、女手一つで息子を育てた。小学校の卒業文集には「自分の夢ができたのは母ががんばってきてくれたおかげです 最年少横綱を目指して恩返ししたいです」

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/28/kiji/20220526s00041000292000c.html

 

豊田倫之亮(相撲)の兄弟

豊田倫之亮くんには倫太郎さんという兄がいて、九州情報大学に在籍していて現在3年生だろうと思われます。

お兄さんの倫太郎さんも相撲をしていて昨年の体重別選手権大会で第5位の成績をおさめています。

 

 

お兄さんは7歳年上で、豊田倫之亮くんが1歳半のころにお兄さんの影響で相撲を始めたそうです。

お兄さんの豊田倫太郎さんは徳之島の亀津中学校で全国制覇をしています。

お兄さんは亀津中学校を卒業し、鹿児島市の私立樟南高等学校へ進学し相撲部で活躍しました。

樟南高校相撲部も強豪で有名ですね。

2020年3月に樟南高校を卒業し、九州情報大学へ進学し現在も相撲をされています。

 

豊田倫之亮くんには、お姉さんもいるという情報がありますが、確かな情報が得られず確定できることろまでには至りませんでした。




まとめ

今回は『豊田倫之亮の身長体重に中学は?相撲経歴と家族兄弟も調査!』として、

「最年少横綱を目指して恩返ししたい」という豊田倫之亮くんの相撲を応援していきたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました