芸能・エンタメ

タウンワークのCMが不快で気持ち悪い!キムタクが嫌いウザいといわれるのはなぜ?


タウンワークCMが不快で気持ち悪い!とSNSなどで話題になっています。

さらに話題に挙がっている中には、CMに登場するキムタクが「嫌い」とか「ウザい」と不快だとという声が多いんです!

私も見たことがありますが、確かにちょっと不快に感じる部分はありました。

ただなぜそんなにもCMを見て気持ち悪いと感じるのか、キムタクが嫌いウザいと言われるのかについてはなかなか言葉では説明しづらいんですよね…

そこで今回は『タウンワークのCMが不快で気持ち悪い!キムタクが嫌いウザいといわれるのはなぜ?』と題して以下の項目について調査してみました!

この記事でわかること
  • タウンワークCMが気持ち悪いや不快だといわれる理由とは?
  • キムタクが嫌いウザいといわれる原因はどこに?

タウンワークCMが不快で気持ち悪いといわれる理由とは?

タウンワークCMが不快、気持ち悪いと言われている理由は「演出」にあります。

今回のタウンワークCMは「映画撮影本番前の会話」というかたちで話が進んでいくように撮影されています。

最初は冒険をしている2人のように展開していたのですが、話が進んでいくといつのまにかキムタクと芦田愛菜ちゃんの2人ともゾンビになっています。

これをみた視聴者の中には「なんで求人雑誌のCMでいきなりゾンビ?」と思った人も多いはずです。

ですが、この「なんで」という気持ちこそ、不快に感じて気持ち悪いと言われる理由なのではないでしょうか?

通常CMの多くは、題材となる商品に合うような役や世界観で撮影をすることが一般的です。

だからこそ今まで商品と役と世界観が一致しているCMを見てきた人たちにとって、今回のタウンワークのCMは違和感を覚え「気持ち悪い」と感じるのでしょう。

「なぜゾンビなのか」ということについては残念ながらわかりませんでした。

しかし、どんな理由であってもこのCMが話題になっていることは間違いありません。

もしかすると違和感や不快感をあえて与えることで話題にあがるようにというCM制作側の仕込みかも知れません…

そう考えたらこのCMも少しだけ楽しみになりそうですね!




キムタクが嫌いウザいといわれる原因はどこに?

キムタクが嫌いウザいと言われているのは「芦田愛菜ちゃんとの年齢差」「高圧的な発言」という2つの要素が合わさっていることが原因だということがわかりました。

まず年齢差についてですが、キムタクは1972年11月13日生まれということが公表されており、現在は49歳です。

芦田愛菜ちゃんは2004年6月23日生まれ現在17歳なので、2人の年齢差は32歳ということですね!

キムタクの娘であるKōkiさんが現在19歳ということを考えると、キムタクと芦田愛菜ちゃんは親子のような年齢差だと言えるでしょう。

続いて高圧的な発言についてですが、今回タウンワークのCMではキムタクが「タウンワークを知らない人」を演じています。

キムタクはタウンワークの話をする芦田愛菜ちゃんに対して「けど…って何?」「知らないとやばいやつ?」「だからタウンワークって何?」と圧をかけるような話し方で返答をしています。

これはもちろんCM上の演出なので、当然キムタクが実際に思っていることを言っているわけではありません。

ですが多くの人の目には、親子ほど年齢差がある49歳のキムタクが17歳の芦田愛菜ちゃんに対して高圧的に話をしている姿は「大人気ない」と写っているのではないでしょうか?

以上のようにタウンワークCM中でキムタクが32歳も年下で娘同然の年齢である芦田愛菜ちゃんに向けて高圧的な発言をしていることこそ、キムタクが嫌いウザい、不快と言われる原因なのでしょう!




まとめ

ここでは、『タウンワークのCMが不快で気持ち悪い!キムタクが嫌いウザいといわれるのはなぜ?』と題して、以下のことをまとめました。

  • タウンワークCMが気持ち悪いのは、一般的なCMのように商品と役と世界観が一致しない違和感が原因
  • あえて違和感や不快感を与えるCM制作側の仕込みの可能性がある。
  • キムタクが嫌いウザいと言われているのは、親子のような年齢差でありながら高圧的な話し方をしているから。

このCMは「あえて違和感や不快感を与えて注目を浴びることが目的」と考えながら見てみましょう!

逆にとても考えられたCMのようで少しだけストレスが軽減され、面白く見えてくるかも知れませんよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。