人物

田中月乃(バレエ)の中学高校はどこ?親の職業やインスタを調査!

ローザンヌ国際バレエコンクールで田中月乃さんが2位に入賞して話題になっています。

日本人の2位は2014年の前田紗江さん以来の8年ぶりという快挙を成し遂げました!

1989年にはあの熊川哲也さんが優勝しています。

15歳から18歳までが参加する若手バレエダンサーの登竜門でもある『ローザンヌ国際バレエコンクール』。

田中月乃さんは小さい頃からバレエが上手い子で界隈では有名だったそうです。

そんな田中月乃さんの年齢は、17歳ということで高校年代になり、どこの高校に通っているのか、出身中学はどこなのか、親の職業は何なんだそう?など気になることがモリモリです!

そこで、今回は『田中月乃(バレエ)の中学高校はどこ?親の職業やインスタを調査!』と題して以下のことを調査してみました。

  • 田中月乃の出身中学や高校
  • 田中月乃の親はどんな職業?
  • 田中月乃のインスタを確定

それでは、さっそく見ていきましょう~!

田中月乃(バレエ)/中学高校はどこ?

田中月乃さんの出身中学や高校は、東大阪市内の学校ではないかと思います。

まずは出身中学からみていきますね。

現在は田中月乃さんの出身中学については不明なのですが、次の2点から東大阪市内の中学だと考えました。

  • 出身が東大阪市
  • 『YOKOクリエイティブバレエ』という東大阪にあるバレエ教室に所属

このことから田中月乃さんの出身中学は、東大阪市内の中学だと思われます。

学校名は現在は不明でしたので、分かりましたら更新しますね。

高校については、田中月乃さんは現在『スイス国立チューリッヒダンスアカデミー』に留学しています。

ローザンヌ国際バレエコンクールでは、スイスで2年以上研鑽を積んだ優れたダンサーに贈られる「ベスト・スイス賞」も受賞していることから、日本の高校へは通わずに、スイスでバレエに専念して頑張っているのではないでしょうか。

海外で活躍するアスリートなどに見られる、日本で通信制の高校に進学し、田中月乃さんも高校卒業を目指すという可能性もありますよね。




田中月乃/親の職業は?

田中月乃さんの父親母親の情報は出てきませんでしたが、医者や会社経営など、年収数千万クラスの職業ではないかと思われます。

何故かというと、お金のかかるバレエを4歳から習い、数々のコンクールも出場、しかも数年スイスに留学しレッスンしています。

一般的なサラリーマン世帯だと、なかなか厳しいのではないでしょうか。

所属する『YOKOクリエイティブバレエ』の公式サイトを見てみると、月謝はクラスで差はありますが、トップクラスで17500円、あとコンクールチームは10,000円とありました。

おそらく、合計での金額だと思うので月謝のみで約30,000円になるでしょう。

バレエはトゥシューズや衣装などにもかなりお金がかかります。

そして、田中月乃さんの留学先の学費は1学期あたり約13万円になるようです。

ここもプラスアルファーでサポート料など加算されます。

一般庶民にはため息の出るような金額です・・。

それでも、「子供のために!」とご両親も必死で働いておられるかもしれませんし、職業については想像でしかありませんが。

しかしながら、今回のローザンヌ国際バレエコンクールの入賞者には生活費として約200万円でるそうですよ!

入賞はもちろん嬉しいですが、賞金も嬉しいし助かりますね。

・・・と思うのも一般庶民ですね 笑

田中月乃さんの親の職業については、何か情報が出てきましたら追記します。




田中月乃のインスタを調査!

田中月乃さんインスタアカウントはこちらです。

@tsuki._.tt

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsukino Tanaka(@tsukino.twokino)がシェアした投稿

うっとりする美しいバレエの画像が、チューリッヒの風景と共に投稿されています。

 

そして、田中月乃さんが所属する「YOKOクリエイティブバレエ」にもインスタがあり、田中月乃さんもたびたび登場していますよ。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『田中月乃(バレエ)の中学高校はどこ?親の職業やインスタを調査!』と題して以下のことをまとめてみました。

  • 田中月乃さんの出身の出身中学は大阪の東大阪市内だと思われます。
  • 田中月乃さんの高校は、現在「スイス国立チューリッヒダンスアカデミー」に留学中で、日本では通信制高校の可能性あり。
  • 田中月乃さんの親の職業などは現在不明でした。
  • 田中月乃さんのインスタはバレエとスイスの景色がとっても美しい!

まだ17歳ということで、これからの活躍がますます楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。