人物

高岡達之嫁の意外な行動?年収や自宅を徹底考察!【ミヤネ屋解説員】

日本テレビ「情報ライブ!ミヤネ屋」にコメンテーターとして出演している高岡達之さん。

独自の目線で、感情をしっかりのせたコメントが印象的です。

コメンテーターとしてお茶の間にすっかり定着した分、高岡達之さんがどんな方なのかや家族構成など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『高岡達之嫁の意外な行動?年収や自宅を徹底考察!【ミヤネ屋解説員】』として、以下の事を調査してみました。

この記事でわかること
  • 高岡達之さんの嫁はどんな人?
  • 高岡達之さんのご自宅は?
  • 高岡達之さんの年収はどのくらい?
高岡達之の評判がヤバイ?コメンテーター内容の賛否を検証!情報番組「ミヤネ屋」でもおなじみのコメンテーター高岡達之さん。 強面(失礼)な印象ですが、アツく語る場面も視聴者に好評ですね! ...

高岡達之:嫁はどんな方?

高岡達之さんの嫁についてみていきましょう!

奥さんはどんな方なのでしょうか。

ミヤネ屋で語られる嫁

そんな高岡達之さんですが、過去の放送で奥様についてお話されていたことから、ご結婚されていることがわかります。

 

ご出演されているミヤネ屋ではご家庭のや嫁の話をしたりする場面があり、そのエピソードから「恐妻家なのかな・・・?」という場面が垣間見れることもしばしば。]

ちなみに、このツイートの「トイレの床を掃除機で・・」という行為ですが、実は我が家もします・・・。

スリッパを置いてなくて、廊下の床の延長的な扱いなんですが。
少数派なんでしょうね。笑

 

ここでひとつ、名言をご紹介します。

横綱・白鳳の言葉に「強い男の裏には、賢い女性がいる」という名言があるのをご存知でしょうか。

高岡さんは、翻訳機や翻訳アプリがなかった時代にカンボジアへ赴き、スケッチブックを使って取材をしていたというガッツある経験をお持ちの方です。

まさに“強い男”!

高岡さんがミヤネ屋で、ついエピソードを話したくなるような嫁が怖いかどうかはさておき、賢い女性であることは間違いないのではないでしょうか。

 

1963年 12月7日生まれ。大阪市出身。
1988年 関西学院大学法学部政治学科卒業
読売テレビ放送入社

2019年 6月から報道局・解説副委員長(現任)

元々ラジオが好きで、毎日放送のラジオのADをしていたという高岡達之さん。

“年収1000万円”を目指して、給料がいいとされるテレビ局に入社したそうです。

この「稼ぎたい」という高岡達之さんのガッツが買われ、「バリバリ働きそうだから」という理由で最初は営業への配属でした。

営業部への所属はおよそ1年。営業部の部長が報道に異動になったことを期に、高岡さんも報道に活躍の場を移します。

 

特派員として海外へも

報道に異動になった高岡さんは、平成最初の暴動事件として有名な“西成暴動”(1990年)や、商法上の特別背任事件である“イトマン事件”(1991年)などの現場を担当されました。

数々の現場経験を積み久米宏さんや渡辺宜嗣さんの報道スキルから勉強を重ねたことで、今のような“高岡さん独自の目線で視聴者を引きつけ、本質にせまった情報を届ける”スタイルを確立していったといいます。

高岡さんは特派員として、カンボジアで活動していた時期もあります。

26歳のときでした。

スケッチブックに絵を書くなどして現地の方とコミュニケーションをとり取材していたというのですから驚きです。

今は簡単に翻訳してくれるアプリなどがあるので、このような経験をもっている方は少ないかもしれませんね。

カンボジアも含め長年現場に出向き続けたことで、“若い人には気づけないこと”に気づける力が備わってきたと高岡さんは言います。

新聞の一面に書いてあるような内容の本質を見抜き伝えるのが、高岡さんのウリ。




高岡達之の自宅が豪邸?

入社当時から「早く年収1000万円稼ぎたい」と意気込んでいたという高岡達之さん。

お金を稼ぐことに貪欲であったことから、豪邸に住んでいそうなイメージがありますよね!

実際はどうなのでしょうか。

高岡達之さんは、ミヤネ屋のコメンテーターとして著名なお方ではありますが、芸能人ではないので、自宅の公開等はしておられません。

ということで本記事では、検証をしていきたいと思います。

 

高岡さんは1963年12月生まれなので、現在58歳ということになります。

テレビ局の年収例を調べてみたところ、55〜59歳の平均年収は1571万円との情報がありました。

コメンテーターとしてのテレビ出演も定着していることから、年収1500万円〜1600万円であることは間違いないと思われます。

世帯年収1500万円の世帯が購入できるマイホームの相場をみていきましょう。

住宅ローンの借り入れ額は年収の5倍までとされていて、返済比率は手取りの20%〜25%以下に設定するのが理想とされています。

年収1500万円で20%の返済比率で35年ローンを組むことを仮定すると、だいたい8400万円が物件購入の目安となってきます。

 

8400万円の予算があれば、地価の高い東京23区でも十分な広さの物件が購入可能になります。

東京23区内で購入価格8400万円を予算にマンションを探してみると

  • 駅チカ
  • 3LDK

という物件を苦労することなく探し出すことができました。
場所を大阪市内に変えて探してみると、同じ条件で更に広い物件も出てきました。

大阪市内なら

  • ルーフバルコニー付き4LDK
  • 駐車場2台分付き

という一軒家も、予算内で購入可能です。




まとめ

今回は『高岡達之嫁の意外な行動?年収や自宅を徹底考察!【ミヤネ屋解説員】』として、高岡達之さんの嫁や年収、自宅について調査してみました。

高岡さんはご住所ももちろん公開されておりませんし、年収なども“テレビ局の平均年収”をベースに検証しています。

ですが、高岡さんのメディアが好きというお気持ちと、ご自身の視点と言葉で情報を伝えようとする“報道への熱意”に対して支払われる対価を思うと、ご自宅も豪邸なのではないかと想像してしまいますね・・・!

これからも独自の視点で語られる解説に、注目していきましょう!

高岡達之の評判がヤバイ?コメンテーター内容の賛否を検証!情報番組「ミヤネ屋」でもおなじみのコメンテーター高岡達之さん。 強面(失礼)な印象ですが、アツく語る場面も視聴者に好評ですね! ...