人物

高橋治之の世田谷自宅が豪邸過ぎ!嫁や息子など家族構成も調査!

先日からニュース等報道で取り上げられている、東京オリンピック・パラリンピックでの資金受領事件で、渦中の人となっている「高橋治之」元大会組織委員会理事。

高橋治之元理事の会社が紳士服大手「AOKI」より、スポンサー選定と公式ライセンス商品の承認を巡り、4500万円を受取っていたという、受託収賄の疑いで現在警察の捜査が進んでいます。

当事者である高橋治之氏は、元電通社員であることも報道で明らかになっています。

平和とスポーツの祭典である、オリンピック・パラリンピックでこのような事件が発覚するのは残念なことですね。

そんな高橋治之氏ですが、「世田谷自宅が豪邸過ぎる!」「嫁や息子家族構成はどうなっている?」など、皆さんが気になっているようです。

そこで今回は「高橋治之の世田谷の自宅が豪華すぎ!」「高橋治之の嫁や息子など家族構成!」と題して調査してみたいと思います。

この記事でわかること

・高橋治之の世田谷の自宅が豪華すぎ!

・高橋治之の嫁や息子など家族構成!

高橋治之の世田谷の自宅が豪華すぎ!

家宅捜査を受ける際にニュース等の映像で流れた、高橋治之氏の自宅は世田谷区にあります。

映像を見る限り、高橋治之氏の自宅はめちゃくちゃ広い豪邸です!

 

世田谷と言えば誰もが思い浮かべるのが、芸能人も数多く住んでいると言われる、“高級住宅街”というイメージですよね。

 

 

映像でもわかるように、門がとても大きくて立派で、厳重に家を守っている感じがします。

門からは玄関を見ることはできず、少し歩くとようやく玄関の入り口らしきものが見えてきます。

 

 

映像からは実際の建物の大きさは見ることはできませんでしたが、門から玄関までの距離を考えると、一般家庭とは違います。

 

そして、門の正面一番奥に見える車庫には複数の外国車が停まっていました。

まさしくこの豪邸に相応しいお車です。

一般家庭ではさすがに外国車2台も保有はできません。

それでだけで高橋治之氏は、いわゆる“富裕層”の人だという事がわかりますね。

 

この自宅、実は高橋治之氏が取締役会長を務める「株式会社コモンズ」の事務所としても使用しているようです。

・株式会社コモンズ

・東京都世田谷区用賀1丁目9番10号

・法人番号4010401098538(未上場)

報道で家宅捜査に入った自宅とと同じ建物でした。

ストリートビューですと、建物の雰囲気もわかりますが、家というより小さなビルにも見えるくらいには大きい建物です。

高橋治之氏の自宅は、建物自体はとてもシンプルに見えますが、やはり豪邸と言える建物で、豪華な生活を送っているようです。




高橋治之の嫁や息子など家族構成!

家宅捜査を受けた高橋治之氏の自宅ですが、奥さんや息子さんなど家族構成はどうなっているでしょうか?

高橋治之氏には奥様、息子さん、娘さんがいます。

高橋治之氏自身の経歴はこのようになっています↓

(プロフィール)

・高橋 治之(たかはし はるゆき)

・昭和19年4月6日生まれ

・東京都出身

・慶應義塾大学卒業

(略歴)

・1967年4月 株式会社電通入社

・1993年1月 東京本社ISL事業局長

・1997年1月 総本社プロジェクト21室長

・2000年7月 国際本部海外プロジェクト・メディア局長

・2001年6月 常務執行役員

・2003年6月 上席常務執行役員

・2004年6月 常務取締役

・2007年6月 専務取締役

・2009年6月 電通顧問就任

・2020年12月 eSports企業顧問就任

・~現在    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会元理事

株式会社コモンズ代表取締役会長

これだけ見ると、素晴らしい経歴を持っている方だと思います。

慶應時代の学友には元皇族の竹田恒治氏がおり、その縁で竹田恒治氏の弟である日本オリンピック委員会会長とも交友関係がありました。

この頃から既に、オリンピックに関わる国際オリンピック委員への「ロビー活動」が、クローズアップされていました。

 

高橋治之氏のお父様は“高橋義治”氏という方で、東洋物産常務を経て、テレビ朝日(当時日本教育テレビ)の創設に関わると、その後同社の取締役及び全国朝日放送の取締役に就任するなど、実業家としても活躍されていました。

また弟である、故高橋治則氏(2005年没)はイ・アイ・イインターナショナル社長でしたので、一家揃って実業家の家系です。

 

奥様は高橋安子さん(旧姓:油谷安子さん)といい、年齢は不明でした。

奥様のお父様は医学博士の油谷正経氏で、安子さんは三女として生まれました。

 

高橋治之氏の息子さんは、高橋義明さんで1969年生まれの53歳(2022年現在)、娘さんは高橋利江さんで1973年生まれの49歳(2022年現在)です。

 

奥様やお子様については、ほとんど情報がなく、調査できたのはこれくらいのことだけでし。

しかし、高橋治之氏の豪華な経歴を見る限りでは、ご家族は不自由ない暮らしをし、それなりの地位で現在も過ごされているのではないでしょうか?




まとめ

今回は現在東京オリンピック・パラリンピックにおける資金受領事件で話題となっている、「高橋治之氏」について、「高橋治之の世田谷の自宅が豪華すぎ!」「高橋治之の嫁や息子など家族構成!」と題して、調査しました。

報道などの映像から、高橋治之氏は東京都世田谷区に自宅があり、門から玄関までの距離や、駐車してある車などから豪邸であり、その暮らしぶりは豪華であるという事がわかりました。

高橋治之氏には奥様「高橋安子さん」長男「高橋義明さん」長女「高橋利江さん」がいます。

いずれも詳しい職業や経歴が分かる情報はありませんでした。

高橋治之氏自身は、慶應義塾大学卒業後に株式会社電通に勤務すると、常務取締役、専務取締役を経験した後、現在は同社の顧問として就任しています。

また、高橋治之氏は株式会社コモンズ代表取締役会長を兼務しています。

この会社は高橋治之氏の自宅に併設されているようで、家宅捜査の映像とストリートビューの画像が一致しました。

一般家庭より富裕層である高橋治之氏ですが、現在の疑惑は捜査中でもあり、真実はわかりません。

ただ、選手達が命をかけて目指している夢の舞台、“オリンピック”や“パラリンピック”で、真実かどうかは関係なく、このような疑惑が上がってしまうこと自体が、悲しく残念な気持ちになるニュースでした。

早く真実が明らかになり、スッキリできる日を待ちたいと思います。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!