人物

田原博子の若い頃の実家が金持ちすぎてヤバイ!元名門百貨店の受付嬢

林真理子さんの小説「奇跡」の主人公で実名で描かれて話題になっている田原博子さん。

小説の主人公である世界的な写真家・田原佳一さんと元梨園の妻である田原博子さんですが、その小説の内容もさることながら、田原博子さんの若い頃が美しすぎて注目されています。

今もとってもお綺麗なのですが、若い頃は更にキレイで、田原佳一さんがひとめで恋に落ちたのもなるほどと思ってしまいます。

そして、その上品な佇まいは、若い頃からの育ちがにじみ出ているのでしょうか。

実家も相当裕福でお金持ちだったようで、田原博子さんの実家の様子も気になります。

そこで、今回は『田原博子の若い頃の実家が金持ちすぎてヤバイ!元名門百貨店の受付嬢』と題して田原博子さんの若い頃や実家について調査してみたいと思います!

田原博子の若い頃の実家が金持ちすぎる!

田原博子さんの若い頃、実家はかなり裕福なお金持ちだったようです。

田原博子さんは3歳の頃から日本舞踊を習っていて、10歳になるころには自分一人で着付けができたそうです。

そして、踊りの発表会のたびに田原博子さんの母親は新しい着物を新調してくれたということなので、かなり裕福な家庭だったのでしょうね。

田原博子さんの若い頃、、、幼い頃の写真がインスタに投稿されていました。

七五三の時の写真だということで、弟さんと写っています。

ここは田原博子さんの祖母のお宅の庭のようで、日本庭園のようなとても立派な庭ですよね!

田原博子さんが来ている着物もとても立派なもののようです。

実家や祖父母宅も相当なお金持ちだったのではないでしょうか。

田原博子さんが通った学校などの情報がでてこないですが、きっと私立のお嬢様学校なのではないかなーと想像しています。

何かわかったら追記しますね。




田原博子の若い頃は名門百貨店の受付嬢

田原博子さんは、若い頃、日本橋の百貨店で受付嬢をしていたという経歴があります。

田原博子さんの実家は裕福な家庭で、幼い頃から日本舞踊を習い、若い頃は日本橋の百貨店で受付嬢として、華やかなお仕事をされていました。

若い頃の受付嬢をされている頃の画像を探しましたが、出てきませんでした。

名門百貨店の受付嬢だし、日本舞踊も習っていたので、美しい所作と見た目で、若い頃からとっても目立っていたのではないでしょうか。

今でもこんな美しい田原博子さん。

52歳とは思えないです!

ずっと若い頃から「美」にもこだわってこられたんでしょうね。

品のある美しさは、田原博子さんの実家が裕福で育ったからかなぁなんて思いました。

全く遠い世界だけど、少しは見習わないといけませんわ、私も。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『田原博子の若い頃の実家が金持ちすぎてヤバイ!元名門百貨店の受付嬢』と題して、田原博子さんの若い頃の画像や実家の様子などを調査してみました。

田原博子さんは若い頃は日本橋の百貨店で受付嬢をされていました。

3歳から日本舞踊を習い、発表会のたびに着物を新調してもらうなど相当裕福な家庭で育ったと思われます。

若い頃は受付嬢として働き、その後梨園の妻になり、離婚後は世界的な写真家の田原佳一さんに添い遂げた田原博子さん。

現在は実業家として亡き田原佳一さんの作品を管理運営しておられます。

田原佳一さんと博子さんの、劇的な恋愛物語は林真理子さんの手によって小説となりました。

読んだ人が必ず涙する、、と言われています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奇跡 [ 林 真理子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/3/11時点)

楽天で購入

 

 

これからも、ますますお綺麗な年齢の重ね方をされるでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。