芸能・エンタメ

オズワルド畠中悠の実家は昆布漁師!3階建ての家は建てられない?

いよいよ「M-1グランプリ2021」ファイナリスト9組が決まりましたね!

今年の最有力候補ともいわれるオズワルド。

オズワルドの畠中さんは元々ピン芸人で「畠中ゆう」として活動していましたが、相方の伊藤さんとコンビを組んで「オズワルド」を結成し、今年で5年目になります。

そんな畠中さんが育った実家はどこで家族構成はどうなっているんでしょう?

実家は昆布漁師だそうですが、田舎ならではのルールがあるらしくて、どんなルールなんだろう?

ここでは、オズワルドの畠中さんの実家について調べてみたいと思います!

◆この記事でわかること◆
・オズワルド畠中の実家の場所
・オズワルド畠中の実家家族構成
・オズワルド畠中の実家家業
・田舎あるある話

オズワルド畠中の実家は北海道

オズワルド畠中さんは北海道函館市出身です。

両親と兄、姉の5人家族で末っ子です。

調べてみましたが、実家の詳しい場所はわかりませんでした。

家業の都合で海に近いところだとは思われます。




オズワルド畠中の実家は昆布漁師

オズワルド畠中さんの実家は昆布漁師です。

こんぶ漁業は古くから行われており、その漁法はコンブを漁具に絡めてねじり採る方法と根からコンブを切り取って採る方法があります。
漁場は主に水深の浅い岩礁地帯や玉石地帯などの沿岸域に形成されています。

引用元:マリンネット北海道

オズワルド畠中さんは実家にいる頃は、家業の昆布漁師を引き継ぐつもりでいたようです。

家族で昆布漁をしている家庭が多いのでしょうね。

外へ出ると磯の匂い・・。海沿いに行くと磯の匂いがして深呼吸したくなります。

オズワルド畠中さんのお父さんの話では、「最近は街全体で昆布を乱獲して取れ高が悪い」んだそうです。




オズワルド畠中:地元マイルールと田舎あるある

北海道の田舎でのびのびと育った畠中さんですが、10月14日放送の「やすとものいたって真剣です」にゲスト出演したときに、「個人で3階建ての家を建ててはいけないなど、田舎過ぎる町のルールがあった」とエピソードを明かしました。

田舎あるあるですねー!

暗黙のルールというものが田舎には結構あります。

他に「田舎あるある」ってどんなのがあるのか見てみましょう!

何も都会の人が見たら火事だと思うでしょう。

田舎に住んでいると、日常茶飯事の光景です。

 

うちに近所にもありますが、コイン精米所があるって田舎なんですねー。

 

田舎のコンビニはまさにこういう景色です!

だたっ広い駐車場にポツンとコンビニ。

駐車場の端には数台の大型トラック。

 

https://twitter.com/NA83861353/status/1465639379007782915?s=20

これこれ!田舎ならではです。

誰からかわからないけど、玄関先に土付きの野菜やら置いていってくれてます。

畑で獲れた野菜など持ってきてくれるんですねー。

 

これもですねー!

よく見る光景です。

私も田舎に住んでるので、もはや共感しかないです。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

オズワルド畠中さんの実家について以下のことをまとめてみました。

・オズワルド畠中の実家は北海道函館市で昆布漁師をしている
・オズワルド畠中さんの実家の周辺は「個人宅で3階建は建ててはだめ」など田舎ならではのルールがある。
・田舎あるあるのエピソード紹介

 

今年のM-1グランプリは、今度こそオズワルドに取ってもらいたいなぁ!

12月19日の決戦の日が楽しみです!