スポーツ

村瀬心椛の血液型や小学校は?親や妹の家族構成も調査!


北京オリンピックのスノーボード女子ビッグエアで村瀬心椛(むらせ ここも)選手が銅メダルを獲得して話題になっています!

オリンピック出場が決まってから、冬期オリンピックで日本女子最年少のメダル獲得なるか!と期待が高まっていましたよね。

相当プレッシャーもあったと思いますが、見事銅メダルを獲得し、鳥肌がたちました!

そこで気になるのは、村瀬心椛選手がどういう人なのかという事ではないでしょうか。

村瀬心椛選手の血液型や出身小学校、親や妹などの家族構成なども気になります。

そこで、今回は『村瀬心椛の血液型や小学校は?親や妹の家族構成も調査!』と題して、村瀬心椛選手について以下の事を調査してみました。

  • 村瀬心椛の血液型などWiki風プロフィール
  • 村瀬心椛の出身校(小学校・中学・高校)
  • 村瀬心椛の親や妹など家族構成

それでは早速みていきましょう!

村瀬心椛の血液型などWiki風プロフィール

村瀬心椛選手のプロフィールをお伝えしますね。

 ・名前:村瀬 心椛(むらせ ここも)
・生年月日:2004年11月7日
・年齢:17歳(2022年2月現在)
・血液型:B型
・出身地:岐阜県
・身長:153㎝
・所属:ムラサキスポーツ

村瀬心椛選手の名前の読み方、なんて読むのかなーと思っていましたが、むらせ ここもさんとお読みするんですね。

「ここも」さんっていう名前、とってもかわいい響きですね!

血液型はB型でした。

よく言われるB型の血液型占いのようなものだと、次のようなものがありましたので、ご紹介しますね。

血液型B女子の特徴
個性の塊
・エンターテイナー
・ハングリー精神の塊
・ゴーイング・マイ・ウェイ
・熱しやすく冷めやすい
・個人主義
・オーバーリアクション
・明日は明日の風が吹く
・好奇心が旺盛
・決めつけが嫌!
・リセット能力の高さ
・計画がふくらみがち
・凝り性
・何とかなるさ!
・プレッシャーは楽しめ!
・実はオタク
・合理性
・人と同じは嫌!
・落ち込みやすく、立ち直りも早い
・人情味あふれる性格

いかがですか?

これだけ並べばどれか当たりそうではありますが 笑

外から見ていて村瀬心椛選手に当てはまりそう~と思うものもありましたね。

以上で血液型の話は終わります。

 

村瀬心椛選手は岐阜県出身で、父親の影響で4歳からスノーボードを始めました。

それでも最初は家族と年に数回滑るだけだったそうです。

村瀬心椛選手がスノーボードにハマったのは、プロスノーボーダーの岡本圭司さんが率いるスノーボードプロダクション「HYWOD」のDVDを見てからなんだそうです。

DVDに登場するジャンプを見て「自分もやってみたい!」と思ったんだそうですよ♪

それからは学校帰りや土日もスノーボードの練習に明け暮れていました。

フリースタイルスキー競技のひとつで、レールやボックス、スロープスタイルと呼ばれるスノーボード、他に技を見せるジャンプ台を複数設置してエアや完成度を競う競技を始めたのが、なんと小学校1年生の頃!

小さい頃からたくさん練習し、どの後はその実力でどんどん頭角を現して、小学校4年生の時には、国内のプロ資格を取ってしまいます!

センスもあったのかもしれませんが、練習も相当されていたんでしょうね。

小学校4年生でプロなんて、凄すぎますね!

その翌年の2017年には、世界大会『World Rookie Finals』で総合優勝を果たし、村瀬心椛選手の実力が世界に認められることになります。

そしてその翌年の同大会でも再び総合優勝するんです!

小学校5年生、6年生で世界大会で優勝とは、村瀬心椛選手の凄さが別格なのが分かりますね!

2018年には、14歳で『X-Games』のBig Air種目という世界最高峰の大会で、日本人女性初の優勝を果たしました。

この試合では女子ではまだ全人未踏だったバックサイドダブルコーク1260を決め、村瀬心椛選手の名前は世界に知れ渡ることになりました。

そして、2022年北京オリンピックでメダル候補として注目されていましたが、見事銅メダル獲得し、浅田真央さんの持つ最年少記録を更新しました。

オリンピックでメダルを獲ることだけでもすごいのに、最年少記録とはすばらしいですね!

ちなみに、浅田真央さんが2010年バンクーバーオリンピックに19歳153日で銀メダルを獲得しました。

今回の村瀬心椛選手は2022年北京オリンピックで17歳3か月で銅メダルの獲得となりました。

『17歳のJK村瀬心椛が銅メダル!』と、ニュースでもその偉業を称えられていますね。

女子高校生のメダリスト!

学校でも大盛り上がりだったでしょうね。

村瀬心椛選手の今後も大注目です!




村瀬心椛の出身校(小学校・中学・高校)

村瀬心椛選手の小学校など出身校を見ていきましょう。

村瀬心椛選手の出身小学校

村瀬心椛選手の出身小学校は岐阜市立合渡小学校です。

岐阜市立合渡小学校

小学1年生の頃から「スノーヴァ羽鳥」という室内ゲレンデで練習や合間には学校の宿題もしていたようです。

小さい頃から村瀬心椛選手は頑張り屋さんだったんですね。

村瀬心椛選手の出身中学校

村瀬心椛選手の出身中学校は、岐阜市立岐阜西中学校です。

岐阜市立岐阜西中学校

 

岐阜西中学校の卒業生には、俳優の伊藤英明さんや、競泳の今井月選手がいます。

村瀬心椛選手が通っている高校

村瀬心椛選手が現在通っている高校は、岐阜第一高等学校普通科スポーツコースです。

岐阜第一高等学校

岐阜第一高等学校の卒業生には、同じく北京オリンピックに出場し、銅メダルを獲得したモーグルの堀島行真選手もいます。

他には、北京五輪代表の競輪選手の永井清史さん、元プロ野球選手の佐々木宏一郎さんなどもおられます。

村瀬心椛選手と同じく、北京オリンピックで銅メダルの堀島行真選手も同じ高校だったんですね!




村瀬心椛の親や妹など家族構成

村瀬心椛選手の家族構成を紹介しますね。

村瀬心椛選手は4人家族になります。

  • 父:村瀬功一さん
  • 母:村瀬梨沙さん
  • 心椛選手
  • 妹:由徠(ゆら)さん

村瀬心椛選手は4人家族です。

妹の由徠さんもプロスノーボーダーで姉妹でスノボ愛も語り、大会後もすぐに妹に会いたい!っと心椛選手が言うほど、とっても仲良し姉妹です。

村瀬心椛さんのインスタに姉妹の画像が投稿されていました。

「7years ago」とキャプションつけてありました。

とってもカワイイですよねー!

 

妹の由徠さんは、村瀬心椛選手の2歳年下になります。

・名前:村瀬 由徠(むらせ ゆら)
・出身地 岐阜県岐阜市
・生年月日 2007年2月1日
・現在の年齢:15歳
・血液型 B型
・身長 150cm

父親の村瀬功一さん、母親の梨沙さん共にスノーボード経験者で、その影響もあり姉妹で小さなころからスノボに親しんでいたのでししょうね。

村瀬心椛選手の父親は、心椛選手のYouTubeチャンネルで動画の撮影と編集をされています。

撮影しながらこんなに安定して滑れる腕前も相当なレベルではないかと思いました。

時々お父さんの影が入るので、すべっているイメージがしやすいですよ。

その動画がこちらです。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『村瀬心椛の血液型や小学校は?親や妹の家族構成も調査!』と題して、村瀬心椛選手について以下の事をまとめました。

村瀬心椛選手の血液型はB型です。

余計なお世話で血液型占いのB型女子の特徴も今回の記事で紹介してみました。

村瀬心椛選手の出身校は岐阜市立合渡小学校を卒業し岐阜西中学校へ進み、岐阜第一高等学校へ進学し現在在学中です。

学校生活とスノボの練習を両立し北京オリンピックで見事銅メダルを獲得しました!

冬期オリンピックの女子で歴代最年少記録になります。

そして、村瀬心椛選手は4人家族でご両親もスノボ経験者で、妹の由徠さんもプロスノーボーダーです。

村瀬心椛選手のYouTubeチャンネルでは、心椛選手の父親が動画を撮影し編集しています。

お父様のスノボの腕前も相当な腕前だと思われます。

今後、村瀬心椛選手、由徠選手と姉妹で表彰台に上る日が見れる日が来るかもしれませんね。

これからも村瀬心椛選手を応援したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。