芸能・エンタメ

北村諒の家族は読者モデル!?大学などwiki風プロフィール!

2.5次元俳優で有名なの北村諒さん。

モデルから始まり、俳優や声優で活躍中の方です。

北村諒さんは、イケメンなのにがっつりオタクというギャップもすごいのですが、2.5次元の作品からオリジナル作品までジャンルを問わず様々な役を演じて注目を集めています。

そんな北村諒さんとは、どんな人なのでしょうか?

兄弟はいるのでしょうか?どこの大学出身?

読者モデルをしていたという情報もありますが、どんなモデルさんだったのでしょうか?

ここでは、【北村諒の家族は読者モデル!?大学などwiki風プロフィール!】として、北村諒さんの家族構成や読者モデル時代のこと、出身大学などのプロフィールをまとめてみたいと思います。

北村諒の家族構成

北村諒さんの家族は、父・母・妹2人の5人家族です。

お父さんは北村諒さんにそっくりなんだそうですよ。イケメンパパなんですね。

しかしながら、今は恰幅がよくなっているので、ぱっと見はよく似てるとは思わないかもしれないそうです。

北村諒さんのご両親は、音楽が趣味だそうで、北村諒さんの音楽のし好もご両親からの影響が大きいようです。

ご両親ともにL’Arc〜en〜Cielとか、GLAYやJanne Da Arcが好きだったそうで、一緒にライブへ行ったこともあるそうです。

L’Arc〜en〜Cielの映像も日常的に見ていたそうです。

 

北村諒さんは2人の妹さんを溺愛しています。

妹さんは北村諒さんよりも10才年下で、「萌乃」さん、「涼乃」さんというそうです。

北村諒さんが妹さんの卒業式にも出席してファンの間ではシスコンと有名なようですね。

妹さんが作ったストラップを愛用したりして、北村さんにとっては可愛くて可愛くて仕方ないみたいです。

仲良しでいいですね!

一般人ということで二人の妹さんの写真は公開されていませんが、美形の北村諒さんの妹さんなので、かなり美人なのではないかと噂になっています。




北村諒の読者モデル時代

北村諒さんは雑誌「CHOKi CHOKi」のモデルをしていました。

ほんと、美形ですよねーー!!

 

 

読者モデルをしていた北村諒さんを今の事務所がみつけて、役者の道を進むことになりました。

 

しかし、当時は役者になりたかったわけではないので、レッスンはサボりがちだったようです。

そんな北村諒さんをマネージャーがレッスンへ行かないなら現場で学ばせようと、舞台の仕事を入れました。

「闇の皇太子」という舞台です。

当時は人前での芝居に苦手意識をもっていたようですが、いざ舞台に立つとお客さんの反応を感じて「舞台って楽しい」と思うようになったようです。

それ以降、人気の2.5次元俳優として次々に作品に出演しています。

北村諒さんの代表作
・あんさんぶるスターズ!(鳴上嵐)
・戦刻ナイトブラッド(霧隠才蔵)
・舞台『刀剣乱舞』(薬研藤四郎)
・舞台『青の祓魔師』(奥村燐)
・舞台『弱虫ペダル』(東堂尽八)
・舞台『おそ松さん』(一松)
・舞台『僕のヒーローアカデミア』(轟焦凍)
・舞台『憂国のモリアーティ』(シャーロック・ホームズ)
これ以外もたくさんの作品に出演されて大活躍しています。




北村諒の出身大学などWikiプロフィール

北村諒wikiプロフィール
名前:北村諒(きたむらりょう)
生年月日:1991年1月25日
身長:170㎝
星座:みずがめ座
血液型:A型
出身地:東京都
趣味:音楽鑑賞、ファッション、アニメ、ダーツ、サバゲー
所属:アイズ
出身大学や高校については明らかにされておらず、調べてみましたが特定できませんでした。
中学や高校も私服の学校だったそうで、高校時代の写真を見ても私服なので制服から特定することもできませんでした。
これだけイケメンだと、近隣の学校では有名人だったかもしれませんね。
これから明らかになるようなことがあれば、ここに追記します。




まとめ

いかかでしたでしょうか。

ここでは、北村諒の家族は読者モデル!?大学などwiki風プロフィール!と題して、北村諒さんの家族構成や読者モデル時代のこと、出身大学などプロフィールをまとめてみました。

北村諒さんの家族はご両親と2人の妹さんとの5人家族でした。

ご両親とは一緒にライブへ行ったり、妹さんの卒業式へ出席したりと、とても仲良しのご家族です。

北村諒さんは雑誌「CHOKi CHOKi」の読者モデルをしていました。

読者モデルをしていた時に今の事務所の目に留まり俳優の道へ進むことになりました。

以降の活躍は舞台のみならず、テレビや雑誌など多方面に渡っています。

ご結婚されたし、北村諒さんの今後の活躍も楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。