人物

河村康輔の高校大学プロフィールと経歴!藤井風のアートワークも!

情熱大陸といえば、今話題の人物がクローズアップされる番組として人気です。

2022年7月31日の放送は「河村康輔さん」が出演されます。

河村康輔さんはコラージュ・アーティスト、グラフィックデザイナー、ERECT Magazineアートディレクターなど、様々な肩書きを持つ今話題のコラージュ・アーティストです。

2022年4月には、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」クリエイティブディレクターにも就任されたことが大きな話題となりました。

ユニクロの他にも「アディダス」や「カシオ」など、世界的有名ブランドや「新世紀エヴァンゲリオン」など、人気アニメとコラボレーションしたアートワークも手がけるなど、世界中から注目を浴びています。

そんな河村康輔さんについて、皆さんが気になる事と言えば、「どこの高校や大学へ行っていたのか」「プロフィールや経歴は?」ということでなないでしょうか。

更には、河村康輔さんを調べようとすると、「藤井風」とワードが出てきますが、何かつながりがあるのでしょうか?

 

そこで今回は「河村康輔の高校や大学は?」「河村康輔プロフィールと経歴は?」「河村康輔 藤井風のアートワークも」と題して調査してみました。

この記事でわかること

・河村康輔の高校や大学は?

・河村康輔プロフィールと経歴は?

・河村康輔 藤井風のワークアートも

河村康輔の高校と大学は?

今、世界中から注目されるコラージュ・アーティスト“河村康輔”さん、その発想力のルーツはどこにあるのでしょうか。

まずは河村康輔さんが通っていた高校や大学を調査しました。

結論からお伝えすると、卒業した高校名は公表されておらず、大学ではなく代々木にあるデザイン学校に入学しました。

以前、雑誌のインタビューでは高校時代に夜行バスで、広島県福山市から東京へハードコアのライブを見に上京してきたと語っていましたので、高校は地元の高校へ行っていました。

上京したいがために、デザイナーになると両親を説得し、東京代々木にあるデザイン学校に入学しますが、2回しか行かなかったとのエピソードも・・。

東京に憧れていた少年が、東京に出てきて夢を見つけたなんて、東京に憧れる人なら誰でも思う夢を実現してしまった、河村康輔さんは幸せですね♪

コラージュアートとは、芸術における表現方法の一つで、写真や印刷物を「切り貼り」してイメージを作り出します。

絵が苦手な人でも取り組みやすいので、世界中で活用されている人気の手法です。




河村康輔のプロフィールや経歴は?

東京に憧れ、東京で夢を見つけた河村康輔さん、そのプロフィールや経歴はどのようなものだったのでしょうか?

まずはプロフィールから見てみましょう。

名前 河村 康輔(かわむら こうすけ)
生年月日 1979年(月日は非公表)
出身地 広島県福山市
居住地 東京都

1979年広島県に生まれた河村康輔さん、高校の頃上京した際に「いつか東京に出てきたい」という夢を持ちました。

上京資金を確保するため、両親が提示した条件は学校に行くことでした。

高校生時代に雑誌で見たデザイナー、“バウンティー・ハンターのヒカル”を見て、これだと思った河村康輔さんですが、デザイナーが何かもわからないまま上京し、代々木のデザイン学校に入学したそうです。

そんな河村康輔さんの経歴はコチラ↓

1999年~

・20歳の時、友人宅で見た「Photoshop」「illustrator」で作ってもらった写真の合成を見て、コラージュこそ自分のやりたいことだと気がつく。

・祖父に学費としてもらった20万円を手に、秋葉原でPower Mac G3を購入し、その日から、バイトの時間以外はひたすらコラージュ作りに打ち込む。

・仕事に繋げるため、イベントに出演しているDJ宇川直宏さん達に作品を見てもらおうとしたが渡せず、帰宅しようとしたところに「ヴァンタライズ」の一之瀬弘法さんと出会う。

2001年~

・「ヴァンタライズ」の一之瀬弘法さんとの出会いで、事務所に入り浸るようになり、Tシャツのデザインの仕事を請け負うことになる。

・同時期に友人の大学の先輩が務める映画配給会社が行った上映会のチラシを作成、ソフト化のジャケットを担当し、商業デビューを果たす。

・当時付き合っていた年上の彼女の支えもあり、デザインの仕事に打ち込む

2003年~

・彼女の知り合いにグループ展の誘いを受け、ギャラリーデビューを果たす。

2006年~

・根本敬氏個展「根本敬ほか/入選!ほがらかな毎日」入選

・様々なライブやイベントなどのフライヤーを手がけるようになる。

・知り合いの伝手でサンフランシスコで、高校時代から憧れていたコラージュアーティスト「ウィンストン・スミス」さんに出会い、コラボレーションのきっかけを掴み、そこでデジタル手法からアナログ手法へ移行することになる。

2011年~

・ウィンストン・スミスとの約束が叶い、コラボレーション作品集「22IDOLS」を出版。

・イベントやフェスにて様々なミュージシャンとコラボレーションし、ライブコラージュを行う。

2012年~

・スイスローザンヌで開催のフェスティバル「LUFF」にて個展を開催。

・「大友克洋GENGA展」メインビジュアルを手がける。

2017年~

・大友克洋氏と「INSIDE BABEL」を共作し、大友克洋氏とAKIRAを使用したコラージュ作品を発表。

・「AD2019」(渋谷PARCOアートウォール企画)でグッドデザイン賞を受賞

2019年~

・PARCO MUSEUMにて、最大級の個展を開催

2022年

・ユニクロ「UT」クリエイティブディレクターに就任

デザイナーという職業が何かわからないまま、上京した河村康輔さんですが、人との出会いが河村康輔さんの人生を豊かにしてくれたようですね。

ご本人の努力の甲斐もあり、着実に大きいお仕事に繋がっていった河村康輔さんですが、主にどんな作品を手がけられているでしょうか?

【河村康輔さん代表作】

・ルミネ×エヴァンゲリオン(広告ヴィジュアル、アートディレクション、デザイン)

・SUGIZO「VESICA PISCES」(ジャケット・ヴィジュアル)

・G-SHOCK「Real Toughness Tokyo」(広告メインヴィジュアル、アートディレクション、デザイン)

・大友克洋監督作品「SHORT PEACE」ポスター・ヴィジュアル  

他多数・・

どれも有名な作品ばかりですよね!沢山のコラボレーションが実現しているようです。




河村康輔、藤井風のアートワークも!

様々なミュージシャンともコラボレーションを行ってきている、河村康輔さんですが、

2022年1月にはシンガーソングライターの「藤井風」さんへも、アートワークの提供をしていました。

「へでもねーよ」に続き「きらり」のアートワークが素敵と評判です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fujii Kaze 藤井 風(@fujiikaze)がシェアした投稿

 

藤井 風さんは1997年生まれで岡山県出身のシンガーソングライターです。

主にYouTubeで活躍し、2019年にメジャーデビューし、登録者数も14万に超えを果たすと、瞬く間に人気シンガーソングライターへと駆け上っていきました。

2021年にはテレビ朝日系列ドラマ「にじいろのカルテ」の主題歌に抜擢、紅白歌合戦にも初出場するという経歴をお持ちの、今人気急上昇中のシンガーソングライターの一人です。

藤井風さんの楽曲のカバーを、河村康輔さんのオリジナリティあふれる、コラージュでよりセンスのある作品に仕上げました!

ファンの皆さんからも喜ばれているようです♪

 

河村康輔さんコラボのコラージュクッションカバーも♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メディコムトイ SQUARE CUSHION 「MONEY IS YOUR GO…
価格:8800円(税込、送料別) (2022/7/26時点)

楽天で購入

 

 




まとめ

今回は2022年7月31日の情熱大陸に出演する「河村康輔さん」について、「河村康輔の高校や大学は?」「河村康輔プロフィールと経歴は?」「河村康輔 藤井風のアートワークも」と題して調査しました。

河村康輔さんの出身高校や大学については公表されておりませんでした。

河村康輔さんは広島県の高校を卒業すると、東京代々木にあるデザイン学校に2回通学し中退しました。

河村康輔さんは1979年広島生まれという、プロフィール以外にはあまり情報を公表していません

20歳の頃に友人宅で見た写真合成技術に感動し、自分の進みたい道はコラージュアートだと確信した河村康輔さんは、アルバイトをしながら作品作りに精を出しました。

その後は人との出会いに恵まれ、商用作品として提供する傍ら、グループ展や個展も開催していきました。

2006年に根本敬氏個展「根本敬ほか/入選!ほがらかな毎日」入選を果たすと、世界にも活躍の場を広げていきます。

マンガ「AKIRA」で有名な大友克洋氏との出会いを経て、同氏とのコラボレーションも数多く制作しました。

2022年1月には紅白出場シンガーソングライター「藤井風」さんとのコラボレーションも実現し、アートワークを提供し話題になりました。

東京に憧れて上京した河村康輔さん、次々と夢を叶えているようです。

詳しくは7月31日放送の情熱大陸で明かされると思います、今から放送を楽しみに待ちたいと思います!