芸能・エンタメ

KAT-TUN上田竜也が可愛いくてカッコイイ?!甘栗と言われる理由!


8月20日に放送された「炎の体育会TVスペシャル」で、元キックボクシング王者「那須川天心さん」とのガチンコ対決が話題となった、KAT-TUN上田竜也さん。

ボクシング歴14年、プロに近いアマチュアボケサーと言われてるKAT-TUN上田竜也さんだけあって、熱い戦いを見せてくれましたね。

また、那須川天心さんが24歳に対し、KAT-TUNの上田竜也さんは38歳という年齢差を考えても、あれだけの動きを見せるということは、きっと厳しいトレーニングを乗り越えた証です。

そんなストイックなKAT-TUN上田竜也さんについて、皆さんが気になる事と言えば「KAT-TUN上田竜也は可愛くてカッコイイ!」「KAT-TUN上田竜也が甘栗と言われる理由」ではないでしょうか。

そこで今回は「KAT-TUN上田竜也は可愛くてカッコイイ!」「KAT-TUN上田竜也が甘栗と言われる理由!」と題して調査してみたいと思います。

この記事でわかること

・KAT-TUN上田竜也は可愛くてカッコイイ!

・KAT-TUN上田竜也が甘栗と言われる理由!

KAT-TUN上田竜也はハーフで老けない?衝撃発表と那須川天心との関係!7月23日の深夜、炎の体育会TVスタッフより「KAT-TUN上田竜也衝撃発表!」と意味深なツイートをされ、トレンド入りしたKAT-TUN...
KAT-TUN上田竜也と中丸雄一は仲が良い?ロバ丸エピソードも!10月4日放送のテレビ朝日系人気番組「芸能人格付けチェック」に出演することが決まった、KAT-TUNの上田竜也さんと中丸雄一さん。 ...

KAT-TUN上田竜也が可愛くてカッコイイ?!

その見かけから、オラオラ系男子に見られがちな“KAT-TUNの上田竜也さん”ですが、男女問わず「カッコイイ!」と言われる反面、実は「かわいい~!」と言われることも多いようです。

ではなぜ、可愛いのにカッコイイと言われているのでしょうか?

可愛い一番の理由は「照れた顔」で、カッコイイと言われる一番の理由は「有言実行」なところです。

 

そんなKAT-TUNの上田竜也さんの「可愛い理由」と「カッコイイ理由」について、それぞれ詳しくご紹介したいと思います。

KAT-TUNの上田竜也が可愛い理由

①照れた時の顔が可愛い

KAT-TUNの上田竜也さんと言えば、普段は強面でツンケンしているイメージですが、実は照れた時の顔が最高に可愛いのです♪

 

誰かに褒められたときや、素直に自分の気持ちを伝える時、アイドルらしいアピールなどを求められると、急に照れて、はにかんでしまう表情がとても可愛いです。

普段とはちょっと違う表情をするKAT-TUNの上田竜也さんに、心を奪われた方も多いのではないでしょうか?

バラエティー番組などでは、たまに見ることができますので、照れて可愛いKAT-TUNの上田竜也さんをチェックしてみてくださいね♪

②笑顔が可愛い

音楽番組などでは曲のイメージもあり、かなり入り込んでいるせいか、あまり笑顔を見せることはない、KAT-TUNの上田竜也さんですが、実は笑顔がとても可愛いです。

 

笑った顔は、とてもアラフォーには見えず、まだまだ無邪気な少年のようです。

時に悪戯っ子のように舌を出して笑ったりと、子供と大人が入り交じった表情は、普段とのギャップを感じて、惹きつけられてしまいます。

 

③櫻井翔さんにデレる姿が可愛い

KAT-TUNの上田竜也さんと言えば、嵐の櫻井翔さんが大好きと公言しており、ジャニーズファンの間でも有名です。

 

櫻井翔さんの前になると、急にワンコのように大人しくなり、デレデレしてしまう姿はテレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

また、櫻井翔さんの事になると、番犬のようになってしまうところも可愛いですね!

櫻井翔さんとKAT-TUNの上田竜也さんのツーショットがあれば、ぜひKAT-TUNの上田竜也さんのワンコ姿を確認してみてくださいね♪

 

KAT-TUNの上田竜也がカッコイイ理由

KAT-TUNの上田竜也さんは、ジャニーズ事務所所属のアイドルなので、カッコイイのは当たり前と思う方も多いと思います。

皆さんご存じのとおり、ジャニーズ事務所にはたくさんのかっこいいアイドルが所属しています。

その中で、KAT-TUNの上田竜也さんがカッコイイ!と言われる理由は、いくつかあります。

①有言実行の男

KAT-TUNの上田竜也さんは「有言実行の男」と呼ばれています。

 

その理由はいくつかありますが、炎の体育会TVでは自己ベストを更新すると言えば、後輩に背中を見せるように自己タイムを更新したり、2016年のオールスター感謝祭での赤坂ミニマラソンの優勝も、絶対優勝すると誓って、見事優勝を果たしました。

責任感も強く、誰よりも努力することを怠らない、そんなところもKAT-TUNの上田竜也のカッコイイ魅力になっています。

 

②涙もろさとメンバー愛

一見強面なので、涙とは無縁そうなKAT-TUNの上田竜也さんなのですが、実はメンバー愛がとても強く、涙もろい一面があります。

 

KAT-TUNと言えば、皆さんもご存じのとおりメンバーの脱退が続き、1年間の充電に期間を設けるなど、ジャニーズでも一番紆余曲折があったグループです。

その都度、KAT-TUNの上田竜也さんは脱退するメンバーを思い、悲しませたハイフンを思い、涙する姿を度々見せてくれます。

誰かを想って涙を流せるKAT-TUNの上田竜也さんは、とってもカッコイイ人です。

 

③やるからには本気

KAT-TUN上田竜也さんのカッコイイ理由には、何事も全力、そして本気で取り組む姿にあります。

 

バラエティー番組でも過去には猛毒の蛇に立ち向かったり、炎の体育会TVでもストイックにトレーニングをする姿は、常に本気を感じます。

 

また、KAT-TUN上田竜也さんは、ライブではファンであるハイフンにも命がけで楽しむように求めてくるほど、常に熱量の高い男なんです。

 

“やるからには中途半端は許さない”そんな言葉を体現しているような、KAT-TUN上田竜也さんは、男らしくてカッコイイですね。




KAT-TUN上田竜也が甘栗と言われる理由!

KAT-TUN上田竜也さんには、「甘栗時代」と言われている期間があります。

この「甘栗時代」とはいったい何のことなのでしょうか?

 

KAT-TUN上田竜也の「甘栗時代」とは、2007年~2011年頃の上田竜也さんの髪型からこのように呼ばれています。

 

今では金髪の短髪で、イカツイ雰囲気のKAT-TUN上田竜也さんですが、実はその遍歴はなかなか面白いものがあります。

1998年~2001年頃 ロバ時代

デビュー前のジャニーズJr時代、KAT-TUN上田竜也さんは「ロバ」と言われていました。

入所した頃、滝沢秀明くんから「ロバ」に似ていると言われたことで、この呼び名がつきました。

 

まだ素朴な少年の面影が残る、ロバ時代のKAT-TUN上田竜也さんですが、憧れの人は今井翼さんでした。

 

NHKで放送されている、「少年倶楽部」では、同じKAT-TUNの中丸雄一さんと、セットで「ロバ丸」と言われていました。

今ではあまり「ロバ丸」と呼ぶハイフンも少ないですが、KAT-TUN上田竜也さんの歴史のひとつになります。

2002年頃 妖精時代

2001年にKAT-TUNが結成され、少しずつキャラ設定が出来てきたこの頃、KAT-TUN上田竜也さんは「妖精が見える」と言い出します。

 

この時代をハイフンの皆さんからは「妖精時代」と言われていて、KAT-TUN上田竜也さんの歴史の中で、もっとも不思議ちゃんキャラだった時代です。

 

番組内で何気なく「妖精が見える」と言ったところ、盛り上がったことから、不思議ちゃんキャラを続けてみましたが、その結果メンバーからは嘘つき呼ばわりされ、ケンカにもなったというエピソードがあります。

 

ご本人とっては黒歴史らしく、封印したい過去のようです。

2003年頃~2004年頃 GACKTリスペクト期

この頃のKAT-TUN上田竜也さんは、金髪にブルーのカラコンという出で立ちで、アーティストのGACKTさんに憧れていた時代です。

アクセサリーやお家のインテリアなどまで、GACKTさんに寄せるなど、ナルシスト生活を送っていたそうです。

 

GACKTさんもそうですが、KAT-TUNの上田竜也さんもハーフのような顔立ちなので、金髪もブルーの瞳もとても似合っています。

自分の顔の特徴を活かした、良いキャラだったとは思いますが、このクールなキャラも「笑いたい時でも自由に笑えない」という不自由さを理由に、GACKTさん時代を終わらせました。

2005年頃~2007年頃 hydeリスペクト期

2006年頃のKAT-TUN上田竜也さんは、L’Arc-en-Cielのhydeさんに憧れるようになります。

金髪から黒髪のウルフカットにチェンジし、ヴィジュアル系のキャラに変化を遂げます。

 

この頃はソロ曲もロック寄りで、ギターをかき鳴らす姿もV系に憧れている少年のようです。

デビュー前からヤンチャなKAT-TUNだったので、デビュー当時リーダーだった上田竜也さんは、礼儀が正しいキャラにすると、本人が発信しました。

 

デビュー前からKAT-TUNは、「仁亀」と呼ばれた二人(赤西仁さんと亀梨和也さん)が特に人気でしたので、それ以外の4人の中で自分の立ち位置を見つけるために、必死だったのかな?と思います。

 

2007年頃~2011年頃 甘栗時代

今でもハイフンの間では人気の時代、「甘栗時代」と言われる時代がやってきます。

この頃のKAT-TUN上田竜也さんは、可愛いを全開にしたキャラに豹変します。

 

話す言葉もぶりっこ気味で、「オネェサン大好き♡」なんて、甘えたように言うようになり、年上女子からも人気になりました。

 

特に今でも語られる「甘栗」というビジュアルですが、髪色が甘栗のようなマロンカラーで、ツヤツヤの髪は丸いフォルムで可愛らしかったです。

 

フリル付きの衣装や、行動からも可愛さがあふれ出し、自分でも可愛さが売りと言ってしまうほどです。

女子顔負けの可愛らしさに、今でも甘栗時代が好き!というハイフンも多いようです。

今では信じられない程の“アザとさ”と“ぶりっこ”を売りにしていたようですが、この頃にはすでにボクシングを始めて3年ほど経過しており、肉体美も完成し始めた頃でもありました。

この先、甘栗時代を超える「可愛さ全開」な、KAT-TUN上田竜也さんを見ることはなさそうですね。

2011年頃~2012年頃 ボウズ時代

甘栗の可愛さから一変し、今度は黒髪ボウズ頭になりました。

急激な変化に絶叫したハイフンも多かったと思いますが、このボウズ頭は2011年に放送された「ランナウェイ~愛する君のために」で、脱獄囚役を演じる為でした。

 

お仕事の為であれば仕方ないですが、この変化は確かに衝撃ですね。

ドラマ内でのホスト時代が甘栗だとすると、その後のボウズ頭はリアルに変化が見えてしまって、よりショックだったのかもしれませんね。

このドラマでは、市原隼人さんや菅田将暉さん、塚本高史さんなど今も人気の俳優さんと共演しました。

どちらかというと、男らしいイメージの俳優陣との共演が影響したのか、この頃を期に甘栗時代の可愛いキャラに戻ることはありませんでした。

2013年頃~ ヤンキーオラオラ系

2013年頃から、今のようなヤンキーオラオラ系に変化します。

ランナウェイでボウズ頭にして以来、キャラも中性的なイメージから男性的な強いイメージに変化し、ついに今と同じヤンキーオラオラ系になりました。

 

この頃のKAT-TUNは、メンバーが1人脱退し4人となった頃で、KAT-TUNのキャッチコピー「WILD&SEXY」というイメージを存続させるための、キャラ変だったようにも思えます。

 

甘栗時代はどこへ行った?と言わんばかりに、ヤンキー座りで舌を出す姿を多く見るようになりました。

KAT-TUN上田竜也さんの場合、ビジネスヤンキーと言われており、実際は本当のヤンキーなわけではありませんので、ご安心ください。

ただ、可愛い時代は無理をしていたと後日談で語っていることから、今のような男らしさ全開の姿が上田竜也さんの本来の姿なのです。

 

イカツイ雰囲気のKAT-TUN上田竜也さんですが、時にはピアノを披露するなど、そのギャップに惹かれてしまう人も多いようです。


ギターだけではなくピアノも演奏できるなとは、KAT-TUN上田竜也さんの多才さを感じさせますね♪




まとめ

今回は8月20日放送の体育会TVで活躍された、KAT-TUN上田竜也について「KAT-TUN上田竜也は可愛くてカッコイイ!」「KAT-TUN上田竜也が甘栗と言われる理由!」と題して調査しました。

KAT-TUN上田竜也さんが可愛いと言われている理由は、照れた時の顔や笑顔が可愛いからです。

また、可愛いのにカッコイイと言われるKAT-TUN上田竜也さんですが、いつでも本気で有言実行なところや、仲間想いで涙もろい姿もカッコイイ理由になっています。

 

KAT-TUN上田竜也さんには「甘栗時代」と呼ばれている時代がありました。

その理由は、髪型が甘栗のような色で染められたことから名付けられ、可愛さとあざとさを売りにしていた時代ででした。

 

そんな可愛いと言われていた、KAT-TUN上田竜也さんですが、今はヤンキーオラオラ系に進化され、男らしさとピュアさを兼ね揃えた魅力で、男女問わず人気です。

そんな素敵な魅力で、これからも皆さんを楽しませて欲しいですね♪