人物

甲斐谷忍の出身地は鹿児島県で高校はどこ?経歴が面白い!

King&Prince(キンプリ)の永瀬廉さんが出演する「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」が7月24日(日)から放送スタートで、楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか。

この『新・信長公記』の原作マンガは「新・信長公記~ノブナガ君と私~」です。

番組予告を見ていても、とっても面白そうで原作マンガを読みたくなった人も多いのではないでしょうか。

この原作の漫画家が「甲斐谷忍」さんなんです。

甲斐谷忍さんって、どこの出身で、高校や大学など学歴も気になります。

そして、漫画家になるまでに一般企業に勤務していたこともあるようで、どこで働いていたのかなど、これまでの経歴も気になります。

そこで今回は

『甲斐谷忍の出身地は鹿児島県で高校はどこ?経歴が面白い!』

として、以下の事をまとめました。

この記事を読んでわかること
  • 甲斐谷忍の出身地は鹿児島県
  • 甲斐谷忍の出身高校や大学など学歴
  • 甲斐谷忍の経歴とプロフィール

甲斐谷忍/出身地は鹿児島県で高校は?

甲斐谷忍さんは鹿児島県鹿児島市出身です。

桜島が有名で離島も多く、黒豚や焼酎など美味しいものもたくさんある県ですね。

ここでは甲斐谷忍さんの出身高校と大学についてお伝えします。

甲斐谷忍の出身高校

甲斐谷忍さんの出身高校は『甲南高校』です。

 

住所:鹿児島県鹿児島市上24−11

偏差値:70

Webサイト:https://careerstate.co.jp/

甲南高校は、鹿児島県立の進学校です。

偏差値70って凄いですよね!

卒業生には、北京オリンピックで競泳男子メドレーリレーで銅メダルを獲得した「宮下純一」さんがいます。

文武両道で、スポーツも盛んで、ラグビー部は花園(全国高等学校ラグビーフットボール大会)に4回も出場しています。

こんな高校で学ばれた甲斐谷忍さん、素晴らしいですね!

甲斐谷忍の出身大学

甲斐谷忍さんは鹿児島大学工学部電子工学科卒業です。

住所:鹿児島県鹿児島市郡元1丁目21−24

Webサイト:http://www.kagoshima-u.ac.jp/

鹿児島大学は、1949年に設置された国立大学です。

「鹿大(かだい)」と呼ばれて、親しまれています。

甲斐谷忍さんは「甲南高校」から「鹿児島大学」へと進学されて、とても優秀な方だということがよくわかりますね。




甲斐谷忍の経歴が面白い!

甲斐谷忍さんは一般企業に就職もしていました。

ここでは、甲斐谷忍さんの経歴とプロフィールをお伝えします。

甲斐谷忍・プロフィール

名前:貝谷 忍(かいたに しのぶ)

生年月日:1967年9月24日

年齢:54歳(2022年7月現在)

出身地:鹿児島県鹿児島市

趣味:競馬

在住:千葉県柏市

代表作:『ソムリエ 』『ONE OUTS』『LIAR GAME』など

甲斐谷忍さんは、大学在学中にバンド活動に熱中になっていたそうですよ。

どんなバンドだったかも気になりますね♪

甲斐谷忍・経歴

甲斐谷忍さんの大学を出た後の経歴をお伝えしていきます。

・大学卒業後:中越パルプ工業株式会社入社

・富山県高岡市配属中に「ヤングマガジン月例賞」に投稿

・1991年第42回手塚賞ストーリー部門 準入選

・入選をキッカケに会社を退職

・1994年『週刊少年ジャンプ』で始めた『翠山ポリスギャング』で連載デビュー

・1991年:第42回手塚賞準入選受賞

その後も連載を書き続けている。

2008年10月に『ONE OUTS』が日本テレビ系でアニメ化され、2022年7月に『新・信長公記~ノブナガくんと私~』がテレビで実写版として放送開始。

放送スタートを前に、ドーンと広告が出ていたりして、盛り上がってますよね!

キレイですよねー!

ファンにもたまらない広告ではないでしょうか。

甲斐谷忍さんも放送スタートを楽しみにされているでしょうね♪




まとめ

今回は『甲斐谷忍の出身地は鹿児島県で高校はどこ?経歴が面白い!』と題して、漫画家 甲斐谷忍さんについて、以下の事をまとめてみました。

  • 甲斐谷忍さんは、鹿児島県鹿児島市出身。
  • 甲斐谷忍さんの出身高校は、鹿児島県立甲南高等学校
  • 甲斐谷忍さんの最終学歴は、鹿児島大学卒業
  • 大学卒業後は、一般企業に勤務していた
  • 甲斐谷忍さんは、競馬が大好き

ずっと人気マンガを連載している甲斐谷忍さんの経歴などをまとめてみました。

「新・信長公記」も放送も楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。