芸能・エンタメ

和(シンガーソングライター)子供や家族と経歴は?夫は榊英雄監督!

榊英雄監督が話題になっていますね。

榊英雄監督は既婚者で嫁がいるとのことです。

ネットで見てみると、奥様はシンガーソングライターの和(IZUMI)さんでした。

和さんと榊英雄監督は夫婦だったんですね。

和さんには子供はいるのかなど、家族構成も気になります。

また和さんはシンガーソングライターということで、どんな歌を歌っているのでしょう?

ここでは、『和(シンガーソングライター)子供や家族と経歴は?夫は榊英雄監督!』と題して、和さんについて以下のことを調査してみたいと思います。

この記事でわかること

・和さんに子供はいるか?人数や性別

・和さんの家族構成

・和さんと榊英雄監督とのなれそめや結婚時期

・シンガーソングライター和(IZUMI)の経歴やプロフィール

それでは、さっそく見ていきましょう!

和(シンガーソングライター)子供や夫の家族構成

シンガーソングライター和(IZUMI)さんの家族は、子供が2人で共に女の子です。

長女:2007年11月5日生まれ

次女:2011年11月5日生まれ

 

偶然にも2人の子供さんは同じ誕生日なんですね!

そして、和さんの夫は映画監督の榊英雄さんです。

和さんは夫である榊英雄監督作品に、音楽で参加されています。

夫が映画監督の榊英雄さんだということは、和さんが2006年6月2日に自身のホームページで発表されました。

2005年12月11日に映画監督の榊英雄さんと入籍し、約半年後に世間に公表したんですね。

和(IZUMI)さんの家族構成は、夫と子供2人の4人家族になります。

 

和の妊娠が分かった東日本大震災の日

和さんは東日本大震災が起こった2011年3月11日に、二人目の妊娠が分かったそうです。

多くの人が亡くなったこの日に「妊娠したことを言いにくかった」とのことです。

和さんは、東日本大震災のあった3月11日、長女の保育園に迎えに行ったあとに病院を受診している最中に地震に遭いました。

大変な揺れでしたが、揺れが収まったあとに医師から「大変な地震でしたね。おめでとうございます。赤ちゃんが来てくれましたよ。」と笑顔で告げられたそうです。

大変なことと幸せなことが同じタイミングで起こって不思議な気持ちだったとのことです。

和の妊娠中の生活と子供に見せたかった姿

地震のあとは都内でも水やミルク、おむつなども手に入りにくい状況になり、余震も続いていたので、精神的にも不安定になってつわりもひどくなったそうです。

そんな中、「子供たちを守らなければいけない」「お腹の子を元気に産まなきゃ」という思いで踏ん張っていました。

和さんは、妊娠8カ月くらいまでライブ活動もされていたそうですよ。

命の尊さと真剣に向き合い、娘さん達に見せたかった背中!ですね。

和の出産/夫の榊英雄監督や子供たちに見守られて

和さんは2人目の子供を「アクティブ・バース」で出産しました。

一人目は病院での出産だったのですが、仮死状態で生まれたので結果としてすぐに医師の治療も受けることができ、その後は元気にすくすくと育ちました。

2人目の子供は、震災の日に妊娠が分かったこともあり、「もっと命を自分の身体で感じたい」という思いから、自宅で自由なスタイルで出産できる「アクティブ・バース」を選びました。

夫の榊英雄監督もタイミングを合わせてくれて、長女と夫の家族みんなで次女の出産を迎えることができたそうです。

名前の候補は「ひかり」と「ひかる」だったそうなのですが、自ら光を放つイメージを大切にしたかったので、「ひかる」にしたんだそうですよ。

震災の日に妊娠が分かったという特別な経験をしたからこそ、日々の生き方も考えさせられるようになったようで、「日々本気で行きたい」と話すシンガーソングライターの和さん。

子供さん達にもそれぞれの主体性を大切に、いつも対話しているそうです。

ちゃんと子供と向き合い、どう考えてるのか、どうしたいのかをちゃんと対話している和さん、私も同じ母親として見習いたいことです。




シンガーソングライター和の経歴やプロフィール

シンガーソングライター和さんの今までの経歴やプロフィールをご紹介します。

まず、和(IZUMI)さんってこんな方です、の顔画像をどうぞ!

笑顔の素敵な可愛らしい方ですよね♪

和(シンガーソングライター)/経歴

  • 1992年:シングル、アルバム「君なら大丈夫」でデビュー
  • 1993年:「失格」発売
  • 1994年:エッセー集『SWEETS』を上梓
  • 1995年:1月13日武道館ライブを実施
  • 1995年~1997年:一人芝居『真空パック症』出演
  • 2003年:ミュージカル『モンテ・クリスト伯』出演
  • 2004年:尾崎豊トリビュートアルバム『”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に「路上のルール」で参加
  • 2020年8月8日:それまで本名で活動していたが『和(IZUMI)』に改名
  • 2021年3月31日:株式会社ライフを設立し、代表取締役を務める

 

「バニラ」や「サルの歌」などのヒットを飛ばし、特に「永遠のパズル」はテレビドラマ「この愛に生きて」の主題歌に採用されて、和さん最大のヒット作になりました。

作詞、作曲家としても活躍し、森進一さんや鈴木紗理奈さん、上戸彩さんなどにも歌詞や曲を提供されています。

 

和さんの名前の遍歴は、本名でもある『橘いずみ』

結婚して『榊いずみ』

和(IZUMI)

‥と、変わってきました。

「平和」「調和」「まんまるの和」

これらの意味から自分を表現するのにぴったりだということで、アーティスト名を『和-IZUMI-』と改名されました。

和(シンガーソングライター)/プロフィール

  • 名前: いずみ(本名、旧芸名)
  • 生年月日:1968年12月11日
  • 年齢:53歳(2022年3月現在)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 出身高校:兵庫県立猪名川高等学校
  • 出身大学:関西学院大学文学部史学科東洋史学専攻中退

和さんは、父親の転勤の都合で、兵庫県明石市、宝塚市、西宮市を経て、沖縄県や大阪府高槻市と引っ越しをし、また兵庫県へ戻り川西市へ引っ越ししたそうです。

父親の仕事の都合とはいえ、引っ越しが多かったんですね!

子供が学校に行ったら、父親だけで単身赴任される家庭も多いかもしれませんが、「家族みんなで」という選択をされたんですね。

和さんは、大型二輪の免許も持っていて、新車でハーレーダビッドソンも購入したり、書道も九段の腕前を持ち、ゲームマニアと公言するほどゲームにも詳しく、色々と調べていくと多才な方なのがよく分かりました!




IZUMI(和)と榊英雄の離婚の可能性

2022年3月17日に和さんは、ライブ配信番組「川島ケイジのジグザグNIGHT」にゲスト出演された際に、夫の榊英雄さんとの離婚を考えているような話をされました。

このライブ配信番組で、和さんが弾き語りを始める前に「ちょっといいですか」と、榊英雄監督の複数の女優に対する性被害を受けた方へと謝罪し、和さん自身もどうしていいか分からなかったと、複雑な胸中を語りました。

子供さんから

「それママじゃないよね、パパの話だよね。じゃあパパが全部責任取ればいいんじゃない?」

と言われて心が軽くなったんだそうです。

でも、多感な中学2年生の女の子に、こんな風に父親のことを思わせてしまうのも辛いですよね。

和さん自身も、子供さんの言葉を受けて、そして自分でもたくさん悩んだんでしょうね。

「私自身はね、やっぱり夫婦関係にケジメをつけようかなと思ってはいる」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/60c8e0e43c58433c4e9b291b35a01992e2d52243

やはり、このようなことがあっては、夫婦関係を続けていくのは難しいですよね・・・。

和(IZUMI)さんと橘英雄監督は、きっと近いうちに離婚するのではないでしょうか。




まとめ

今回は、『和(シンガーソングライター)子供や家族と経歴は?夫は榊英雄監督!』と題して、シンガーソングライター和さんについて次のことを調査してまとめてみました。

和さんは子供が2人いて、共に女の子で4歳違いの同じ誕生日!

和さんの夫は映画監督の榊英雄さんです。

和さんのプロフィールを拝見すると幼いことから父親の転勤で引っ越しが多かったようです。

シンガーソングライター和(IZUMI)さんの経歴は、自身の曲や、森進一さんや鈴木紗理奈さんなどへの楽曲提供、映画の参加など幅広い活動をされています。

震災の日に、次女の妊娠が分かったという特別な体験もされ、命に向き合いその背中を子供たちは見てきたことでしょう。

対話の多い親子関係を築かれているようで、日々一生懸命に生きていこうとされているシンガーソングライターの和(IZUMI)さん。

今後の活躍と子供さんたちご家族の幸せを願っています。