人物

岩田明子は若い頃から超エリート!父親と安倍元首相の関係って?


岩田明子さんといえば、NHKの解説委員として政治や外交分野を担当してきたことや、政治記者として、亡くなった安倍元首相を長年担当してきたことで有名な方ですね。

安倍元首相が首相として活躍していた時は、岩田明子さんが「総理に一番近い記者」とも呼ばれていたようです。

 

そんな岩田明子さんが、実は7月31日付でNHKを退職していたことが最近判明し、突然の退職に話題が集まっています。

 

突然の退職により、注目が集まっている岩田明子さんですが、実は若い頃からエリートだったそうで、その経歴が気になるところです。

また、ネット上では岩田明子さんの父親が、安倍元首相と関係のある人だという噂も出ているようで、その真偽も気になりますよね。

 

そこで、今回まとめた内容はこちら

・岩田明子は若い頃からエリート!

・岩田明子の父親と安倍元首相の関係を調査

岩田明子は若い頃からエリート!

岩田明子さんは、若い頃からエリートだったと言われていますが、そのプロフィールと経歴について調べてみました。

岩田明子:プロフィール

名前:岩田明子(いわた あきこ)

生年月日:1970年

年齢:52歳

出身地:千葉県船橋市

出身高校:千葉県立千葉高等学校

出身大学:東京大学法学部

所属:NHK解説委員室 解説委員

岩田明子さんが卒業した「千葉県立千葉高等学校」は、偏差値76の千葉県の公立校の中でもトップクラスの進学校です。

「千葉県立千葉高等学校」を卒業後、「東京大学法学部」へと進学していることからも、岩田明子さんがとても優秀だったことが想像できますね。

 

また、岩田明子さんは大学時代、テニスサークルの他に「行政機構研究会」にも所属していました。

この「行政機構研究会」というのは、政治や経済について学術的な視点から自由な議論をするために設立されたサークルだそうです。

 

岩田明子さんが「行政機構研究会」に所属していたことからも、若い頃から政治や経済について、強い関心を持っていたことがわかります。

 

司法試験の合格を目指していた岩田明子さんは、不合格だった場合に備えて、銀行や証券、商社など業界を問わず就職活動し、その中にはNHKもありました。

「法曹界に通じる正義感のカケラを少しだけでも抱き続けることができそうだ」と漠然とした気持ちから、岩田明子さんはNHKの入局を決意したそうです。

岩田明子:経歴

1996年4月:NHK入局

1996年5月:NHK岡山放送局に赴任

2000年7月:東京放送センター報道局政治部に異動

2008年:外務省記者クラブに所属

2013年7月:NHK解説委員室に異動

2022年7月末:NHK退職

「東京大学法学部」を卒業後は、NHKに入局し、赴任先の岡山放送局では、地方記者として殺人・強盗・誘拐・汚職事件など、いわゆる「サツまわり」を担当していたとのこと。

 

東京放送センター報道局政治部に異動後は、官邸記者クラブに所属し、2002年から安倍元首相(当時は官房副長官)の番記者を担当しています。

2021年6月のデイリー新潮の記事によると、当時の岩田明子さんは安倍元首相の自宅に上がることを許され、安倍元首相の母親である、安倍洋子さんからも全幅の信頼を得ていたようです。

その後、外務省記者クラブでは、北朝鮮問題を担当し、NHK解説委員室では政治担当の解説委員と政治部の記者職も兼務していたとのこと。

 

岩田明子さんの学歴を見ても優秀なことがわかりますが、NHK入局後も、若い頃から主要部署である政治部の記者として活躍し続けた岩田明子さんの経歴は、まさにエリート街道だと言えそうです。




岩田明子の父親と安倍元首相の関係を調査

NHK入局後、エリート街道を走ってきた岩田明子さんの父親とは、いったいどんな人物なのでしょうか。

調べたところ、岩田明子さんの父親に関する情報は、残念ながら見つかりませんでした。

そのため、岩田明子さんの父親は、政治家や著名人などではなく、一般人である可能性が高そうです。

 

しかし、2017年6月のLITERAの記事の中に、「岩田氏と岸家、安倍家との関係は、父親の代からともいわれているが」との一文があります。

この記事から、岩田明子さんの父親が安倍元首相と関係のある人なのでは、と噂されるようになりました。

岩田明子さんの父親と安倍元首相にどのような関係があるのかについては、一切情報がありませんが、この記事の内容から、なんらかの関係がある可能性は高いと考えてもよさそうです。

本当に岩田明子さんの父親と安倍家に関わりがあるとしたら、岩田明子さんが自宅に上がることを許されていたり、安倍元首相と直接メールで取材のやり取りをしていたということも納得ですね。




まとめ

今回は、7月末にNHKを退職していた、NHK解説委員の岩田明子さんについて紹介していきました。

調べたところ、岩田明子さんは千葉県内トップクラスの進学校から東大法学部へと進学しており、とても優秀なことがわかりました。

また、NHKに入局後は、若い頃から政治部の記者として活躍し、安倍元首相の番記者として「総理に一番近い記者」と呼ばれ、岩田明子さんはエリート街道を走ってきたようです。

そんな岩田明子さんの父親は、LITERAの記事によると、安倍元首相や安倍家となんらかの関わりがある可能性が高い人のようです。

 

岩田明子さんは、7月末でNHKを退職しているものの、NHK解説委員室の解説委員としてはまだ席を残しています。

安倍元首相が亡くなり、今後はどのように岩田明子さんが活躍する場を広げていくのか、注目していきたいですね。