スポーツ

福田師王の進路がバイエルン?練習参加の理由と鹿島ファンの声!

超高校級ストライカーと言われる鹿児島県の神村学園2年生福田師王選手。

インターハイや選手権でも、その超高校級のプレーで驚かされましたよね!

 

その福田師王選手が、3月にバイエルン・ミュンヘンの練習に参加することが決まったと話題になっています。

福田師王選手の進路が、Jクラブを挟まず海外か?とネットでも「すごい!」「やめた方がいい」などサッカーファンが色んな反応があります。

そこで、ここでは『福田師王の進路がバイエルン?練習参加の理由と鹿島ファンの声!』と題して以下のことを、まとめました。

  • 福田師王の進路の可能性
  • 福田師王がバイエルンに練習参加の理由
  • 福田師王の進路が気になる鹿島の反応

それでは、さっそくみていきましょう!

福田師王:進路がバイエルン?

福田師王選手の進路はまだ未定ですが、3月にバイエルンの練習に参加が決まっています。

2月9日に福田師王選手が、バイエルン・ミュンヘンの練習に参加することが発表されました。

バイエルン・ミュンヘンと言えばドイツの名門クラブです。

このニュースを聞いたサッカーファンは、「マジ?」「えぐっ!」と驚きの声があがっています。

福田師王選手の進路については、以前からどこになるかと話題になっています。

複数のJクラブからすでに声がかかっていると言われれいます。

福田師王選手は昨年9月に鹿島アントラーズの練習にも参加しています。

福田師王選手は、年代別の日本代表にも選ばれているので、プロの雰囲気にも「慣れている」と高評価だったそうです。

Jクラブの練習参加なんて緊張しそうだけど、すごいですね!

鹿島のファンからSNSで「福田師王、鹿島に来てよ!」などの書き込みもありました。

鹿島のファンは福田師王選手の進路は鹿島だと思って(願って?)いる人もいるので、バイエルンに練習参加の発表を聞いて、こんなツィートもありましたよ。

福田師王選手の進路を心配している人がたくさんいました!

本来なら3年生になる前の春に進路をJクラブに決める見込みになっていたようですが、バイエルンとサッカー協会が日程を調整し、2週間の練習参加となりました。

バイエルンは、福田師王選手の獲得に動いているのではなく、練習参加するという事実のみです。

いずれにしろ、福田師王選手も海外へのアピールの場面になりますよね!

海外も福田師王選手に注目しているという噂ですし、今後の動向が楽しみです。

現段階では、福田師王選手の進路は未定です。

進路について、新しい情報がでましたらここで追記したいと思います!




福田師王の進路:バイエルン練習参加の理由!

福田師王選手の進路について、バイエルンに練習参加することになったのは、日本サッカー協会とバイエルンの間のパートナー協定があることが考えられます。

コロナ過で年代別代表の海外遠征などの機会がなくなっていたので、国際経験を積ませることを目的に、今回の練習参加も組まれたようです。

本来だったら、年代別の代表として海外でのプレーの機会も多かったはずですが、このご時世で海外遠征が軒並みなくなりました。

そこで、日本サッカー協会とパートナー協定のあるバイエルンでの練習に参加することになったのですね。

今回バイエルンの練習参加が決まっているのは、福田師王選手の他にもJFAアカデミーU15の木吹翔太(こふぃ しょうた)選手ら数人いるようです。

そして、バイエルン以外のクラブへの練習参加の可能性があるようで、福田師王選手の進路に大きく影響してくるかもしれませんね。

このような理由で、福田師王選手がバイエルンに練習参加するのは、サッカー協会とバイエルンの協定により年代別の海外遠征がなかった若手選手に国際経験を積ませるためということでした。




まとめ:福田師王の進路がバイエルン?練習参加の理由!

いかがでしたでしょうか。

今回は『福田師王の進路がバイエルン?練習参加の理由と鹿島ファンの声!』と題して、福田師王選手のバイエルン練習参加について深堀してみました。

現在は、まだ福田師王選手の進路は決定していません。

バイエルンの練習に参加して、福田師王選手はどう感じて帰ってくるのでしょうか。

楽しみですね♪

福田師王選手の進路については、Jクラブで経験を積んでから、海外へ行くのではないかと思いますがどうなるでしょうか。

福田師王選手の心の中には「世界で戦える選手になる」という想いがあるということで、高校卒業してからの進路も目が離せませんね。

高校1年生の時から3年生相手にも抜群の強さを見せていた福田師王選手。

バイエルンでの練習参加に行くと、その様子も気になりますね。

また何か新しい情報が入れば、更新していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。