スポーツ

殿地琢朗の進路は?高校や野球部だった中学時代など経歴まとめ

2022年の箱根駅伝での注目選手の筆頭にも挙げられている殿地琢朗(どんじたくろう)選手。

殿地琢朗選手は箱根駅伝を1年生から走り活躍してきた選手で、チームにとてもなくてはならない一人になりました。

現在は国学院大学4年生ということで、卒業ももうすぐ。

殿地琢朗選手が、大学卒業後も実業団などで陸上を続けるのか、卒業後の進路も気になりますよね。

そして、殿地琢朗選手の中学時代は野球部だったそうです!

野球から転向して高校から陸上で、これだけの実力を出すことになるとは驚きですね。

この記事では【殿地琢朗の進路は?高校や野球部だった中学時代など経歴まとめと題して、陸上に転向した理由や、これからの進路についてまとめてみました!

それでは一緒にみていきましょう!

殿地琢朗(どんじたくろう)選手の進路

1/2追記 

殿地選手の進路は、住宅関係の仕事に就くそうです。

箱根駅伝で陸上を引退されるとのことでした。

殿地琢朗選手の進路はおそらく決まっていると思われますが、まだ公表はされていません。

殿地琢朗選手は、青山学院大学を卒業した神野大地さんに憧れているとのことなので、神野さんのように実業団で走られるかもしれませんね。

殿地選手には、走り続けてほしいという声が多いですね。

令和の山の神ともいわれる殿地琢朗選手。

進路については、わかり次第に追記していきたいと思います。




殿地琢朗(どんじたくろう)選手の出身中学・高校

殿地琢朗選手は岐阜県高山市出身です。

高山市立清見中学校を卒業し、高校は下呂市の県立益田清風高校に進学しました。

殿地琢朗選手は中学時代は陸上部ではなく野球部でした!

 

ちなみに、飛騨出身で殿地琢朗選手の1年後輩には、中日ドラゴンズで活躍されている根尾昴選手がいます。

根尾選手は子供のころから野球で有名だったそうで、根尾選手が大阪桐蔭に行くという話も聞いていました。

だから根尾選手が甲子園出場の時も、すぐにわかったとのことです。

殿地琢朗選手は野球を小学校4年から中学卒業までやっていました。

中学時代に野球部だけど駅伝代表で走ったりした経験があり、その経験から「自分は長距離に向いているかも」と思い、高校に入学してから陸上をはじめた殿地琢朗選手。

中学時代の野球から、高校で陸上へ転向した殿地琢朗選手ですが、当時はそれほど目立った記録は残せませんでした。

 

通学が遠くて大変だったそうですが、どのくらいだったのでしょうか。

マップで見てみると、殿地琢朗選手は高山市に住んでいたので下呂市まではかなり距離がありますね。

マップの時間は駅から駅の時間なので、駅までの時間など考えると往復3時間ほどかかっていたのではないでしょうか。

毎日、駅までご両親が送迎してくれたのだそうです。

通学時間が長く練習できる時間が限られてたようですが、地道にトレーニングを積んで、徐々に才能を開花させていったのでしょうね!




殿地琢朗(どんじたくろう)選手の経歴

殿地琢朗選手は箱根駅伝でどの区間を走るのでしょうか?

殿地琢朗選手が箱根駅伝を走った区間
2019年 8区 12位
2020年 10区 4位
2021年 5区 8位

 

 

そして、箱根駅伝の仮想5区といわれるこのレース ↓ ↓

箱根駅伝とはコースは異なりますが、小田原料金所から箱根大観山口(アネスト岩田スカイラウンジ)までの13.5キロ、標高差981mを一気に駆け上がるもので、平均勾配7%という、まさに“激坂”。箱根駅伝の“仮想5区”として、箱根本番を見据え、有力校の多くの選手が出場しました。

引用元:日テレnews

きっと殿地琢朗選手も、実際の箱根駅伝の5区を見据えて出場したのではないでしょうか?

 

この「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」の優勝者は、あの青学出身の「山の神」神野大地選手。

さすがですね!

学生トップは殿地琢朗選手でした。

箱根駅伝は山があるから面白いと言われています。

今年の箱根駅伝の5区は、殿地琢朗選手が走るでしょうか?

今から楽しみです!




まとめ

いかかでしたでしょうか。

この記事では、【殿地琢朗の進路は?高校や野球部だった中学時代など経歴まとめ】と題して、注目の国学院大学4年生の殿地琢朗選手について以下のことをまとめました。

殿地琢朗選手の卒業後の進路は、決まっていると思われるが公表はされていません。

殿地琢朗選手の出身中学は高山市立清見中学校で野球部に入っていました。

高校は下呂市の県立益田清風高校に進学し、陸上をはじめました。

高校では目立った記録は残せませんでしたが、徐々に才能を開花し、大学一年生から箱根で走るというすごい実力を持った選手です。

箱根駅伝も想定した「激坂最速王決定戦」では学生No.1でした!

殿地琢朗選手が箱根の5区で存在感を見せてくれるのではないでしょうか。

今からとても楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。