スポーツ

新庄剛志ビッグボス登場のカウンタックが私物⁉金額が超ヤバイ!

日本ハムの「ファンフェスティバル」で真っ白のカウンタックに乗ってド派手な登場をして話題になった新庄剛志ビッグボス。

新庄剛志ビッグボスは、もはややることなすこと話題になっていますね!

ファンフェスティバルでは、白いカウンタックに乗って登場!

昭和年代の方にとっては、懐かしのスーパーカーブームを思い出したのではないでしょうか?

あの登場に使ったランボルギーニカウンタックは、新庄剛志ビッグボスの私物なのか気になった人もいるのではないでしょうか?

この記事では、【新庄剛志ビッグボス登場のカウンタックは私物?金額が超ヤバイ!】として、カウンタックが、ビッグボスの私物なのか、レンタルなのか?

そして、気になるカウンタックの金額も調査してみたいと思います!

新庄剛志ビッグボスが乗ったカウンタックは私物?

結論からいうと私物ではありません。

ファンフェスに合わせて、ビッグボスがリクエストして探してもらったようです。

https://twitter.com/NHKnosyukinnin/status/1465637762023919618?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1465637762023919618%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fteddyskope.com%2Fshinjo-tsuyoshi-countach-6330%2F

北海道らしく、雪をイメージして「白の車を探して」と準備してもらっていたようです。

しかしながら、カウンタックは新庄剛志ビッグボスが阪神時代に乗っていたのです。

「カウンタックってアクセルとブレーキとクラッチの幅がめちゃくちゃちっちゃいんですよ。僕、靴がでかいから。これが難しくて」と乗りこなしにくさも知り尽くしており、「あれね、ちょっとアクセルふかしすぎると、クラッチがバーンて壊れるの。それで300万なんですよ。替えるのに。詳しいでしょ。昔あった」

引用元:デイリースポーツ

阪神時代から高級車を乗り継いできていた新庄剛志ビッグボス。

修理代金もスケールが違いますね!

 

実際の新庄剛志ビッグボスの登場シーンはこちらです↓

新庄剛志さんの選手やファンを大切に思うスピーチが、とても印象的です。




新庄剛志ビッグボスが乗ったカウンタックのお値段は?

貸出元にテレビ取材が入り「時価1億円」だと判明しました!

 

新庄剛志ビッグボスは小さい頃からカウンタックは憧れの車だったそうです。

ランボルギーニがカウンタックを作っていたのは、1974年から1990年の期間だけでした。

そのため、とてもレアな車として人気があります。

中古車市場での落札価格は相場が2000万~5000万円なんだそうです。

そして、限定生産のモデルだと5000万~1億円といわれています。

カウンタックは発売された1970年代の新車価格が、およそ2000万だったとか!
今の貨幣価値に換算したら5000万以上するそうです!

1970年代の男の子が、みんなこのかっこいい車に夢中になっていたのも想像できますね。




ビッグボスがカウンタックに乗って登場!世間の声

https://twitter.com/yuki_usagi2010/status/1465892775053111299?s=20

予想を超えて私たちを驚かせてくれるビッグボス!

かっこいいですね!




 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では【新庄剛志ビッグボス登場のカウンタックは私物?金額が超ヤバイ!】として、ファンフェスに乗ってきたカウンタックについて以下のことをまとめました。

・ファンフェスで乗ってきたカウンタックはビッグボスの私物ではなかった。

・カウンタックの値段は現在の中古市場で2000万から5000万円する。

・当時の値段を現在で換算したら5000万円の車になること。

 

ド派手な登場でファンフェスに現れた新庄剛志ビッグボス、今シーズンのチームの活躍が楽しみですね!